天空への願い

KAGAYA

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309290805
ISBN 10 : 4309290809
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
KAGAYA ,  
追加情報
:
80p;27

内容詳細

月虹、夜明けのオーロラ、天の川をゆく流星……「その先に幸いがありますように」と、願わずにはいられない、天空の贈りもののような一瞬の奇跡! 祈りを込めて見上げたい宙の写真集。



著者

KAGAYA (カガヤ)

1968年生まれ。プラネタリウム映像クリエイター。Twitterフォロワーが75万人超の星景写真家。写真集『星月夜への招待』『天空讃歌』『悠久の宙』『星と海の楽園』、フォトエッセイ『一瞬の宇宙』など。


【著者紹介】
KAGAYA : 1968年、埼玉県生まれ。Twitterフォロワーが75万人を超える星景写真家・プラネタリウム映像クリエイター。絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。写真集、フォト&エッセイ、画集・画本、日めくりカレンダーなど。「the Zodiac 12星座シリーズ」はジグソーパズルでのベストセラー。プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」は、国内をはじめ欧米・アジアで累計100館を超えるプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人を突破した。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MOTO さん

    群れなきゃ生きられないか弱い私達が独りになれるのは、いい写真集に出逢えた時。<寂しい>という感情を思い出すまで永遠に眺めていたい美しさ♪

  • ひかり さん

    あくまで個人の所感ですが、写真の印刷精度?が以前よりも美しくなっている気がします。既刊たちも相当なものの、これもすごく素敵と感じました。お気に入りは星が沢山、空と水面に浮かんでいる写真と南十字星の大写し。流れ星もまた無性に惹かれます。

  • テイネハイランド さん

    図書館本。twitterフォロワー数が75万人を超える風景写真家による写真集です。撮影地には、アイスランド、ハワイ、ニューカレドニアなどの海外だけでなく、日本各地からも選ばれていますが、P.50,P.54の夜景(共に撮影地は埼玉県)を見ると、日本の風景でも撮り方によってこんなにきれいな写真が撮れるのかと素直に感心します。所々、写真のテイストが、クリスチャン・ラッセンの絵や長岡秀星のイラストめいた感じなのが、少し好みが分かれるかなと思ったりもしました。

  • ふわりん さん

    何度も何度も眺めてる、はぁとため息が出るような写真がいっぱい詰まってる。どのページの写真もこの世のものとは思えない。光と影の幻想の中に座り込んで、何も考えずボ〜ッと大スクリーンの景色や星空を眺めてる自分が思い浮かぶ。この色たちが現実のものなんて!各写真に添えられた一言も良いなぁ。一番印象的なのは、天空への招待。「空に溶けてしまいそうな真っ白な大地に、一匹の狐が現れ、夜の天空散歩へ誘ってくれているようでした」小さな小さな狐のシルエットが何とも可愛くて、遠くの三日月を眺めてる姿から目が離せなかった。

  • あんぽんたん・ぽかん さん

    数年前からKAGAYAさんのTwitterをフォローしているが、本を買うのは初めてでした。(すみません) 満天の星空だけでなく、日食や花火、パラオの島々など、自然の美しさに畏敬の念を感じる。 灯台大好き人間の私にとって、三宅島での一枚は素晴らしく、是非とも行ってみたいと思いました。 何度も読み返して、その度に感動を味わいたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品