CD 輸入盤(国内盤仕様)

Power (Expanded Edition)(紙ジャケット)(限定盤)

John Hall (ジョンホール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CRCD3601
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ,輸入盤

商品説明

AOR Originals Retrospective


「ダンス・ウィズ・ミー」の大ヒットで知られるオーリアンズの中心人物にして、ギタリスト、シンガー・ソングライターとしても人気の高い、ジョン・ホールによる79年発表の3rdソロ・アルバムがAORファン待望の再CD化!紙ジャケット仕様&ボーナス・トラックを1曲追加して復活!!
長らく廃盤状態でプレミア化していた旧CDを持ってるファンもマストな決定盤!
 
オリジナル・リリース:1979年
Columbia JC35790
金澤寿和著:「AOR・ライトメロウ」掲載作品
書き下ろし日本語解説:金澤寿和
英文ライナーノーツ(Gene Sculatti)
原盤:Real Gone Music
最新リマスター
Remastered by Maria Triana at Battery Studios in NYC
 
●ボーナス・トラック1曲収録
●USオリジナル盤を可能な限り忠実に再現した紙ジャケット仕様(国内制作)
●帯・解説付き国内仕様盤(盤は輸入盤を使用)
●日本先行発売(国内仕様盤のみ紙ジャケット仕様)
●初回限定生産
 
PRODUCED AND ARRANGED BY JOHN HALL
ALL SONGS BY JOHN & JOHANNA HALL
Recorded by John Holbrook at Bearsville Sound Studio
And by Gene Paul and Lew Hahn at Atlantic
Sound Studio, N.Y.
Mixed by Lew Hahn at Atlantic Sound Studio
 
the musicians are:
John Hall: guitars
Eric Parker: drums
Jody Linscott: percussion
David Schwartz: bass
Louis Levin: keyboards
Bryan Cumming: saxophone
Lynn Pitney: background vocals
Phil Ballou: background vocals
 
AOR Originals Retrospective
AOR黄金時代に残された、シーンを牽引したヒット作から、当時はあまり注目されることのなかった隠れ名作まで。リアルタイムのファンにとって長年CD化を待ち焦がれていた思い出の1枚、そして当時を知らないリスナーには新たなスタンダードとなる作品をチョイスし、紙ジャケット仕様にてお届けします。
 
(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

オーリアンズのシンガー・ソングライター&ギタリストのジョン・ホールが79年にリリースした3枚目のソロ・アルバム。当時は、反原発運動のテーマ曲だった「Power」が話題になったが、「Home at Last」や「Run Away with Me」など、SSW色のある佳曲が存分に詰まった名盤だ。(ガ)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Home at Last
  • 02. Power
  • 03. Heartbreaker
  • 04. So
  • 05. Run Away with Me
  • 06. Firefly Lover
  • 07. Arms/Half Moon
  • 08. Cocaine Drain

ボーナストラック

  • 09. Plutonium Is Forever

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 ギターの弦がネオン管のように見える幻想...

投稿日:2015/01/06 (火)

 ギターの弦がネオン管のように見える幻想的でエネルギッシュなジャケットに幻惑されてしまいそうですが、内容はすこぶるマイルドで、開放感のある爽やかなタッチのアメリカン・ロック集といった感じです。  親元の Orleans が同時期にヒットさせた「Love Takes Time」を彷彿とさせるオープニングの「Home At Last」は、折れた心を元気にしてくれるパワーを秘めた前向きソングで、個人的には一番のお気に入りです。その他にも、不○家の LOOK チョコレートのように粒の揃った味覚の異なるナンバーが詰まっていて、聴いていて飽きさせない内容のアルバムに仕上げられています。  ところで、昨今の怒涛のような復刻リリースで、特に70年代後半のレコードはほぼCD化されたといっていい状況となっています。この先、CDを買う、という文化がなくなってしまうかもしれませんが、ジャケットのデザインと一体となった音盤の発売だけは残してほしいものです。

ねずみ さん | 山口県 | 不明

0

おすすめの商品