LPレコード 輸入盤

ティロ・ハイツマンとの12の対話 (アナログレコード)

Johann Johannsson (ヨハン・ヨハンソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837224
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

ヨハンソンは音の質感に拘り、クラシック音楽とエレクトリック・ミュージックのジャンルの壁を軽々と超え、オリジナルの折衷的スタイルで洗練されかつ傑出した叙情的なイメージを作り上げました。ヨハンソンの『12の対話』の中で書かれたピュアな弦楽四重奏の繊細さと美しさは、彼の音楽の本質を我々聴き手にクリアに提示しています。

この『12の対話』はヨハンソンの作品の中でも例外的でもあり、また最もヨハンソンの典型的な作品ともいえるものです。1969年にレイキャビクで生まれたヨハンソンは、トロンボーンとピアノを学び、アイスランドの多様なインディー・ロック・シーンに没頭するまでは大学で言語学と文学を学び、すべての時代、すべてのジャンルの音楽の間の相互作用に精通していました。

ヨハンソンが電子的要素を全く含まないこの弦楽四重奏のみによる『12の対話』の作曲に取り掛かっていた時にヨハンソンのスタジオの壁を飾っていたのがハインツマンの絵画でした。それはある意味で彼の音楽的技法の型紙となったといえましょう。

2018年2月のヨハンソンの突然の死の後、現在ユップ・べヴィンと共にHenosisの長期的なツアーを続けているEcho Collectiveは、以前のヨハンソンとの仕事(Orphée)での経験を通して、この並外れた作品でも作曲家の意図するサウンドを十全に表現しています。

限定版のLPには、ティロ・ハインツマンの絵画“O.T.”の高画質アート・プリントが封入されます。

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Manifest 6:11
  • 02. Low 5:27
  • 03. Stuk 2:27
  • 04. Shell 2:33
  • 05. Zurich 2:06
  • 06. Harm 3:22
  • 07. Lacrimosa 4:05
  • 08. Pol 4:34
  • 09. Form 2:46
  • 10. Arc 2:01
  • 11. Danse 2:38
  • 12. Gold 3:13

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Johann Johannsson (ヨハン・ヨハンソン)

数々の受賞歴に輝く作曲家/ミュージシャン/プロデューサーのヨハン・ヨハンソンは、1969年アイスランド生まれ。電子音とクラシックのオーケストラ・サウンドを融合させたヨハンソンの音楽は、バロック、ミニマル、ドローン・ミュージック、エレクトロ・アコースティック・ミュージックなど、多様なジャンルの影響・・・

プロフィール詳細へ

Johann Johannsson (ヨハン・ヨハンソン)に関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品