Jack Bruce (ジャック・ブルース)

Jack Bruce | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

関連商品

商品ユーザーレビュー

18件

すべてのユーザーレビューを見る(18件)

  • 革新的なベーシスト、Jack Bruce(1943年〜2014年)は...

    投稿日:2015/10/20

    革新的なベーシスト、Jack Bruce(1943年〜2014年)は、優れた作曲家であり、また、魅力的なヴォーカリストでした。 この「Sunshine Of Your Love : A Life In Music」は、音楽に生涯を賭けた男のオールタイム・ベスト。ロックの歴史にその名を残すスーパー・トリオ Creamから始まって、ソロや、自己のバンドのアルバムから、代表曲がセレクトされた2枚組です。 収録時間は、Disc1が約75分、Disc2が約72分という充実した内容で、その音楽人生を網羅した24ページのブックレットも嬉しい。 Disc1の1曲目「N.S.U.」から8曲目「Doing That Scrapyard Thing」までは、お馴染みのCreamのアルバムから。 3人が対等の立場でアドリブ合戦(喧嘩セッション)を繰り広げたバンドとはいえ、リーダーシップをとっていたのはBruceであったということを、曲づくり、演奏、そしてヴォーカルから改めて感じました。6曲目「White Room」や7曲目「Deserted Cities of the Heart」は、リミックスによりGinger Bakerのドラムスが、もの凄い迫力・圧力で迫ってきます。 バンド分解直前の「Goodbye(1969年)」収録の8曲目「Doing That Scrapyard Thing」は、ロックというよりポップスであり、Beatlesを思わせるサウンド。同じアルバムに収録されていた「Badge」と共に、その後のEric ClaptonとGeorge Harrisonの深い交流を予感させる興味深い曲です。 9曲目「Never Tell Your Mother She’s Out of Tune」から12曲目「Weird of Hermiston」は、1969年リリースのファースト・ソロ 「Songs for a Tailor」から。 プロデューサーは、Creamのアルバムを手掛けたこともあるFelix Pappalardi。当時、CreamとBlood, Sweat & Tearsの架け橋となるアルバム、と評された傑作です。 11曲目の「Theme for an Imaginary Western」は、Pappalardiが参加したMountainも「Climbing!(1970年)」で取り上げていた名曲。 しかし、この「Songs for a Tailor」以降のBruceは、作曲面ではヒネリすぎの感があり、また、演奏においても、ClaptonやBakerといった天才的な共演者に恵まれず、Cream時代を超えるヒットを飛ばすことはありませんでした。 片やClaptonは、ドラッグの誘惑から決別をはかり、アメリカに渡って、新たな音楽活動に邁進し、レゲエの知名度を高めた大ヒット「I Shot The Sheriff」を含む「461 Ocean Boulevard」を1974年に発表。以後、大きな成功を収めていきます。 Claptonの成功を横目で見ながら、Bruceの内心には焦りがあったはずで、元The Rolling StonesのMick Taylorや、Bruceの才能を高く買っていたジャズ・ピアニスト Carla Bleyとバンドを組んだり、犬猿の仲と言われたBakerと、Creamを髣髴とさせるトリオ、BBMを結成するなど努力を重ねますが、ブリティッシュ一筋の姿勢は、彼をいつのまにか「孤高の存在」にしていったのでは? Disc1の13曲目「Folk Song」以降の「Harmony Row(1971年)」「Out of the Storm(1974年)」からセレクトされた曲は聴きごたえがあるとはいえ、地味な印象はぬぐえず、Disc2へと聴きすすんでいくにつれ、その思いが強くなるのを否めません。 そんな中でDisc1の19曲目、「Out of the Storm(1974)」収録の「Keep it Down」やDisc2の7曲目、「Somethin’ Els(1993年)」収録の「Ships in the Night」は、目が覚めるような名曲。 ロックに殉じた男、Jack Bruceの最後の花道は、奇跡ともいえる2005年、Cream再結成コンサートでしたが、このベストでは、天に召された2014年のラスト・アルバム「Silver Rails」から、「Candlelight」など4曲もセレクトされているのも、ファンの胸を熱くすると思います。

    hiro さん

    5
  • これが彼の遺作になるのでしょうか?こんなに早く...

    投稿日:2014/10/30

    これが彼の遺作になるのでしょうか?こんなに早く、、、いまだに信じられません。ジャックさん、今までありがとう!安らかに眠ってください。いつだってジャックはジャック!

    アビーニョ さん

    1
  • クリームの魅力はジャックのベースとヴォーカルだと固...

    投稿日:2011/06/15

    クリームの魅力はジャックのベースとヴォーカルだと固く信じていたあの頃。ふと当時最新リリースの本作を聴いてから、まあ20年以上経ちましたか。このアルバムのジャックはがなりもしないし、ベースで暴れもしない。そこはクリームとは違う(当たり前か)。とにかくいい曲を書き、メロディアスに唄うのだ。演奏も外部ミュージシャンの力をバリバリ活かして決めている。セロとかは弾かないし。そういうのを肩透かしとはとらずに自分は感動した。全然イノベイティブではないが、好盤であることは間違いなし。

    providence さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Jack Bruce (ジャック・ブルース) のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%