指輪物語 2

J R R トールキン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566020573
ISBN 10 : 4566020576
フォーマット
出版社
発行年月
1977年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
368p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Die-Go さん

    初めて読んだのはこれ。訳が最新のとは微妙に違っていて、それが趣深い。

  • ホレイシア さん

    「流行」というのは怖いものですな。

  • 卯月 さん

    再読。1巻ではホビットも読者もホビット庄周辺しか知らなかったのに、地図が広くなるのが好き。何とか裂け谷に辿り着いたフロド達ホビット。人間やエルフ、ドワーフも仲間に加わり、混成9人で谷を出発する。その後の展開を知っていると、カラズラスの雪山越え(失敗したけれど)で助け合う全員の姿が、胸に堪えて仕方ない……。サウロンの一つの指輪の何が怖いって、その存在を知るまでは善人だった者までが、力に対する執着で狂っていくことだ。旅の仲間で、彼が一番気の毒だと思う。映画視聴後は、フロド、サム、レゴラスは俳優の顔で脳内再生。

  • ロッキンロビン先生 さん

    1〜6巻までを通しての感想ですネタバレ注意です 中学生の頃、友達の間で流行って読んだ。リアルドラクエ世代だからこうゆうのが好きだった。トム・ボンバディルとゴールドベリが好き。ほろびの山を登ってゆく景観描写、すごいと思った。映画化された時もひさびさに再読。灰色のガンダルフがバルログと共に闇に落ち、残された旅の仲間一行が山脈を抜けた真っ白な世界、映画館の中が悲しみで静まり返った。もともと静かな中、さらにしーんとなったから、あんな経験はそれまでなかった。そして西へと旅立つ。エアレンディル、ギルソニエル。

  • roxy001960 さん

    様々な試練を潜り抜け、旅を続ける仲間たち。それぞれに、人間(?)臭くて、いいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J R R トールキン

1892年1月3日、南アフリカのブルームフォンテーンに生まれる。第1次世界大戦に兵士として従軍した後、学問の世界で成功をおさめ、言語学者としての地位を築いたが、それよりも中つ国の創造者として、また古典的な大作、『ホビット』、『指輪物語』、『シルマリルの物語』の作者として知られている。その著作は、世界

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品