ケーブ・ベアの一族 下 エイラー地上の旅人

J.アウル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834251067
ISBN 10 : 4834251063
フォーマット
出版社
発行年月
2004年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,365p

内容詳細

種の違いから姿かたちも、ふるまいも異形としか映らないエイラは数々の苦難に見舞われながらも、たくましく生き抜いてゆく。最古のヒロイン、エイラの数奇な運命を描いた愛と冒険の物語、初の完訳本で日本上陸。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • midorikawa-e さん

    長編だが、筆致は安定している。エピソード配分も申し分ないと思う。また、サイエンスティックな部分も説明ぽくなくストーリー進行を補っている。ややフェミ臭はあるものの、個性的な少女エイラ(ネアンデルタールの集団内ではクロマニヨンは個性的足らざるを得ない)の苦闘する様も感情移入できる。純文学を読むときのような手応えはないが、エンタメとして優れている。なぜだか、『ウォーターシップダウンのうさぎたち』(リチャード・アダムス)を思い出す。

  • T-top さん

    エイラが遭遇する数々の試練にめまいがする。あまりのスケールの大きさに圧倒される。しかし作者は薬草や生物学のほか、相当文化人類学や考古学を勉強してらっしやる!アイヌのイヨマンテの儀式まで登場したのにはびっくりした!

  • あーちゃん☆ さん

    最後の方読んでて止まらない。エイラはどうなるんだろう。

  • しのさん さん

    ネアンデルタール人の発達の終わりと、クロマニヨン人の違いが徐々に明らかになっていく。古い人類に溶け込めない主人公エイラの苦悩と新たな旅立ちが語られる。

  • 尾原道場 さん

    コレはほんとに面白い。映画も観てみたいなあ。もちろん続きも読みます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品