ケーブ・ベアの一族 上 エイラー地上の旅人

J.アウル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834251050
ISBN 10 : 4834251055
フォーマット
出版社
発行年月
2004年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,365p

内容詳細

3万5千年前最終氷期の終わり、大地震で孤児となったクロマニオン人の5歳の少女、エイラはネアンデルタール人一族に拾われる。最古のヒロイン、エイラの数奇な運命を描いた愛と冒険の物語、初の完訳本で日本上陸。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 白のヒメ さん

    3万年前の原始時代、猿の容貌に近いネアンデルタール人の一族に、家族を失った白人の容貌に近いクロマニヨン人の少女、エイラが助けられる。体格も能力も生きる掟もまるきり違う一族にエイラはなじんでいき、精神的肉体的に能力が上をいく少女の行動にネアンデルタール人一族も戸惑いながらも一目置き始めた。けれど絶対男尊女卑の一族の掟の中で、エイラが子供の命を助けるためといえ死罪を免れぬ行動を起こしてしまう。さて、エイラの運命は・・・。ワクワクが止まらない!!こんなドキドキ感は「獣の奏者」以来です!!ハラハラしながら下巻へ。

  • かっぱ さん

    【図書館】以前に勝間和代さんが紹介していたので知った本。ネアンデルタール人の中にあっては異種であるクロマニョン人エイラの成長物語。何気なく読み始めたが、随分と長いシリーズのようです。分厚く、重いこの本をどこまで追えるかわかりませんが、続きを追いかけていきたいと思います。一族の中で女がしてはいけないということをしてしまったエイラの運命は。

  • どら母 学校図書館を考える さん

    懐かしい。繰り返して読んだ。 人類の進歩の過程を観察しながら、いつの世も変わらない営みや感情を思う。

  • まい さん

    再読。『クロニクル千古の闇』を読破後、三万年前の少女エイラを思い出しどうしても再読したくなった。エイラは勇敢で知性ある素敵な主人公。以前、黒木瞳さんや勝間和代さんがおすすめされていた本。読書メーターでは思っていたよりも登録数が少なくてびっくりしてます。

  • りんだ さん

    勝間和代さんのお勧め本 面白いですよ 下巻を早く読まないと

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品