CD

Biala Flaga: 白い旗 (来日記念盤)

Hania Rani & Dobrawa Czocher

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RPOP10030
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

今年のザ・ピアノエラ2019にも出演、今最も注目されているポーランドの女性ピアニスト、
ハニャ・ラニが残したポスト・クラシカル/チェンバー・ミュージックの大傑作


ゴーゴー・ペンギン他を擁するUKのレーベルGondwanaから新作ソロ『ESJA』をリリース、急速に注目されているポーランドの女性ピアニスト・作編曲家、ハニャ・ラニ。彼女が2015年、同世代の女性チェロ奏者ドブラヴァ・チョヘルと作ったポスト・クラシカル/チェンバー・ジャズの香り溢れたデュオ傑作がついに国内盤発売。かつて『ポーランド・ピアニズム』に1曲収録され大きな話題を集めたが、現在なおアルバムが入手困難なため今回は待望の発売。

ハニャ(1990年生まれ)、ドブラヴァ(1991年生まれ)共に基本的にはクラシック畑の奏者だがそのキャパシティは広く、ポスト・クラシカルからチェンバー・ジャズ、アンビエント、フォーク他を幅広いヴィジョンで捉えている。本作は、80年代から90年代にかけてポーランド・オルタナ・ロック界を席巻した人気バンド、レプブリカRepublikaのリーダー、グジェゴシュ・チェホフスキの曲をピアノとチェロの二重奏でカヴァーするという斬新なアルバム。元の激しい曲を、ハニャの素晴らしいアレンジメントで、美しくリリカルなサウンドに変貌させた。

ハニャ・ラニは今年11/30-12/1に開催される「ザ・ピアノエラ2019」に出演が決定(12/1)。今回もアントニオ・ロウレイロ・トリオ、ニタイ・ハーシュコヴィッツ、カイル・シェパード、ゴールドムンド、高木正勝といった話題のアーティストたちと共に出演するが、初来日で日増しに知名度を上げている「旬」のハニャ・ラニが、相当な注目を集めることは必至。前回「ザ・ピアノエラ2017」でのスワヴェク・ヤスクウケと同様の存在感が期待される。(メーカー資料より)

内容詳細

優れたピアニストを多数輩出するポーランドが生んだ鍵盤奏者、ハニャ・ラニと、チェロ奏者であるドブラヴァ・チョヘルによる2015年作。クラシカルで室内楽的な要素が多いが、欧州ジャズのクールさも内包している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. マモナ
  • 02. ビャワ・フラガ(白い旗)
  • 03. 前奏曲 ハ短調
  • 04. オトホゾンツ(去りゆく時に)
  • 05. レプブリカ・マジェン(夢・共和国)
  • 06. 間奏曲へ短調
  • 07. テレフォヌィ(電話)
  • 08. シュミエルチ・ナ・ピエンチ(5つの死)
  • 09. 間奏曲 嬰ハ短調
  • 10. オプツィ・アストロノム(よその天文学者)
  • 11. ニエ・ポコナシュ・ミウォシチー(愛に勝てっこない)
  • 12. 前奏曲 変ホ長調
  • 13. ニエ・プィタイ・オ・ポルスケ(ポーランドのことは尋ねないで)
  • 14. タク・タク・ト・ヤ(そう、それは私)
  • 15. 前奏曲 ト短調

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品