真上から見た 狭くて素敵な部屋カタログ

Goodroom

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784800281487
ISBN 10 : 4800281482
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;21

内容詳細

「平面図(屋根を取り外して捉えたかのようなリアル間取り図)」からおしゃれ部屋の配置、インテリアのアイデアを観察する、今までにないインテリア図鑑! 狭い、間取りが変わっているなど「募集に苦労するお部屋」を得意とするおしゃれ物件専門不動産「goodroom」プロデュースなので、見ていて楽しいだけでなく、狭いうえにアレンジがあまりできない賃貸物件でもおしゃれに快適に暮らす方々のアイデアが役立ちます。

【著者紹介】
大山顕 : フォトグラファー/ライター。1972年11月3日生まれ。工場や団地などの構造物を中心に撮影と執筆を行っている。出版、ラジオ出演、イベント主催などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    何これときめくー!意外と真上からのインテリア本って見たことがないかも。もう表紙からめちゃくちゃときめきます。「部屋をよく理解するには、上からの視点が欠かせない」そう。うーん、確かに家具の配置に迷ったら、上(間取り)から俯瞰して考えるのって大事かも。特にこちらの本は表題にもある通り賃貸の小さめのお部屋が主。限られた物と空間を素敵に収めるアイデアはとても参考になります。やっぱり、無垢の木✖️白の面積が、スッキリ素敵な印象の家にするには重要だなと思いました。皆さん本当にセンスがあるしお上手!

  • ココアにんにく さん

    間取り図、平面図が写真で見られる!これほどイメージしやすい本はないです。最初に部屋の上空から眺めてから室内写真を見ると。立体的にわかる! 気になった部屋は02番の木の実感の部屋と14番の正方形の部屋。ほとんど一つの部屋でも様々な空間の仕切かたり方、たくさんヒントがある

  • クドアンヌ さん

    ワンルームが多くて私には参考にならず、残念。でもインテリアとか、目の保養的には良かった。こういう使い方もあるのねー、って感じで。上から見るのも新しい感じがして、間取り図や横からの写真だけではわからない、家具と家具の距離感とか圧迫感は伝わってきた。ただサボテンは置きすぎじゃね?と思った。 それにしても、ワンルームで2人暮らしとか、個人部屋ほしくならないのかな?私は絶対無理。1人の時間ほしい。

  • うろん さん

    間取り図だけでは分かりにくかった、実際にお住まいの部屋の写真。こういう風に使っているのだなぁと参考になりました。ご協力いただいた方々に感謝です。

  • チョビ さん

    自分の部屋を真上から見た方(自撮り棒、って奴使えばできるのかな?)この世に何人いるのだろうか?この手段でスッキリして見えれば、この本における素敵な部屋かもしれない。部屋はまあ、それほど趣味にぴったり!なところはないが、みなさん楽しんで生活をしているのがよくわかる。その他最近の賃貸事情がわかって良かったが、私が大家だったら、大家として店子のお金で改築した部屋が素敵な部屋ならそのままでいいよ、いうふうにしたいなあ。こちらが金を出して店子に都合のいい家に改築って…ああ、私ドケチ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品