Blu-ray Disc

Live From Madison Square Garden

Eric Clapton and Steve Winwood (エリッククラプトン アンド スティーヴウィンウッド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPXR90016
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
初回限定盤, ライブ盤

商品説明

あの伝説のライヴが40年の時を経て蘇る。
2008年の2月に実現した、ブラインド・フェイスの再現とも言えるエリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッドの記念すべきライヴ!
収録:2008/2/25,26,28 ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデン

◎伝説のスーパーグループ、ブラインド・フェイス。その誕生と崩壊から約40年の歳月を経て実現した、ブリティッシュ・ロック界の至宝、エリック・クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドのジョイント・プロジェクトのライヴ映像のブルーレイ版が、ついに日本語字幕付で登場!

◎1973年のレインボウ・シアターでの歴史的コンサートが収録されたライヴアルバムのほか、近年では1969年のハイドパークで記録されたライヴ映像のDVD化、クラプトン主催の“クロスロード・ギター・フェスティヴァル”での2人の共演など、いくつかの作品で2人の共演作品が発売されている中、本作はそのヴォリュームや円熟のパフォーマンスなどにおいて最も充実した決定的作品!

◎ブラインド・フェイス、トラフィック、ドミノス、ブルース・クラシック、そしてそれぞれのソロ作品。山ほどの名曲が、円熟の演奏で甦る!


◎ライヴ本編以外にも魅力的な映像を収録!
※「ザ・ロード・トゥ・マディソン・スクエア・ガーデン」は、エリックとスティーヴのインタビューや2ショット映像、そしてクリーム、トラフィック、ブラインド・フェイスの貴重な写真が収録されたファン垂涎のドキュメンタリー。
※「ランブリング・オン・マイ・マインド」のハイライトは、この伝説の3日間公演の為に行われたサウンドチェックで披露した、ロバート・ジョンソンの「ランブリング・オン・マイ・マインド(アコースティック・ヴァージョン)」!

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

2008年2月にN.Y.のマディソン・スクエア・ガーデンにて行なわれたライヴの模様をパッケージ。新旧取り混ぜた名曲の数々を収めるほか、二人のインタビューや貴重な写真を交えて綴るドキュメンタリーも収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 泣きたい気持
  • 02. ゼム・チェンジズ
  • 03. フォーエヴァー・マン
  • 04. スリーピング・イン・ザ・グラウンド
  • 05. プレゼンス・オブ・ザ・ロード
  • 06. グラッド
  • 07. オール・ライト
  • 08. ダブル・トラブル
  • 09. パーリー・クイーン
  • 10. テル・ザ・トゥルース
  • 11. ノー・フェイス、ノー・ネイム、ノー・ナンバー
  • 12. アフター・ミッドナイト
  • 13. スプリット・ディシジョン
  • 14. ランブリング・オン・マイ・マインド
  • 15. 我が心のジョージア
  • 16. リトル・ウィング
  • 17. ヴードゥー・チャイル
  • 18. マイ・ウェイ・ホーム
  • 19. ディア・ミスター・ファンタジー
  • 20. コカイン

ザ・ロード・トゥ・マディソン・スクエア・ガーデン

  • 21. 泣きたい気持 クロスロード クリーム 40,000ヘッドメン トラフィック プレゼンス・オブ・ザ・ロード ブラインド・フェイス 歓喜の海 ブラインド・フェイス プレゼンス・オブ・ザ・ロード フォーエヴァー・マン クロスロード
  • 22. ランブリング・オン・マイ・マインド(アコースティック/サウンドチェック時のパフォーマンス)
  • 23. ロウ・ダウン(ボーナス映像)
  • 24. カインド・ハーティッド・ウーマン(ボーナス映像)
  • 25. クロスロード(ボーナス映像)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
claptonは、steveとツアーに出る前に、dere...

投稿日:2011/05/14 (土)

claptonは、steveとツアーに出る前に、derek trucksなどとずっとツアー出てて、70年代初期の曲中心、特にderek& the dominosの曲をたくさん入れてライブやったのです。日本にも来ました。すごい熱いライブなのに、お客様はAORみたいなclaptonを期待していたのか盛り下がってました。ロックライブなのに、クラシックみたいな(笑) その路線を継承しつつ、crossroad guitar festivalでsteveと一緒にやって盛り上がって、blind faithの曲を何曲も入れ(1,2曲ではない!)、さらにjimi hendrixの3枚目でセッションしてたvoodoo chile(slight returnじゃない方)をやったり、お互いのソロやtraffic時代の曲やったりとしているんです。 だからこのライブでderek時代の曲をやっているのは当たり前でそれに更にプラスしてblind faithの曲をやっているんです。多分こんなにblind faithの曲が多いライブは近年のセットリストにはないはずです! ま、知識はどうでもいいけど、とにかくリラックスした中でも熱い熱いライブ!ロック好きな方には、是非見て欲しいものです。

Po-boy さん | 宮城県 | 不明

1
★
★
★
★
★
遂にと言うか、漸くというか約40年ぶりのバ...

投稿日:2010/12/19 (日)

遂にと言うか、漸くというか約40年ぶりのバンド結成が実現しました。 過去にもARMSのコンサートやクロスロードフェス2007で、この2人がプレイする時の尋常じゃない緊張感は気になっていたが、やはり一緒にプレイすることが実現。本当に良かった! 内容についても、過去のジョイントに負けないそしてそれ以上の円熟も備えた最高のプレイが展開されます。 先ず#Had to cry today, #Them changesでの恒例のECとSWでのギターバトル! お互いプライド全開でもうグイグイ引き込まれます。 特にClaptonのギターは本当に超aggressiveで、70年代の炎が出るようなプレイに戻ったようなギターはもう無言で見つめるのみ。 ラストも#Dear Mr. Fantasy,#Cocaineで再度Winwoodがギターに持ち替えての2人での熱いプレイ。この4曲だけでも買う価値があります。 あと、Jimiに2人が影響を受けた2曲の#Littlt wing,#Voodoo chileも鬼気迫るプレイです。 Blind Faithとしてではなく、キャリアを極めた2人がルーツに帰って、新バンドとして最高のプレイを見せてくれます。 インタビューは絶対に見た方がいいですよ。何故このライヴがこんなに熱いのかが分かります。

ポップギア さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
CDとDVDを一緒に購入。身体の震えが止まら...

投稿日:2009/07/05 (日)

CDとDVDを一緒に購入。身体の震えが止まらない。 クラプトンのライヴは何度かナマで拝見しているので演奏の質の高さは承知していますが、ウィンウッドは私にとっては「未だ見ぬ大物」でして、その演奏を映像付きで観られるとは大感激です。 ブラインド・フェイス時代のM1でいきなりのギター・バトル!年甲斐もなく大興奮でした。選曲面でいえば、B・フェイス、トラフィック、Dアンドドミノス等の名曲群からの割と渋めの選曲で、これは賛否両論でしょうが、私は好きです。 お勧めはM3で、B・フェイス時代はウィンウッド一人がヴォーカルをとっていたが、ここではクラプトンも歌っています。 とにかく、値段は張りますが、「買い」ですね。

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

0

おすすめの商品