CD

Music To Be Murdered By

Eminem (エミネム)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICS1360
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

“孤高のラップ・ゴッド”エミネムが突如発表した通算11作目のオリジナル・アルバム、待望のCDリリース!

2018年8月、同じく突然のサプライズ・リリースとして発表した『カミカゼ』以来、1年半ぶり通算11作目となるエミネムのニュー・アルバム『Music To Be Murdered By』は、20世紀を代表する映画監督アルフレッド・ヒッチコックが作曲家ジェフ・アレクサンダーと共に1958年に発売した同タイトルのアルバム『Music to be Murdered By』にインスパイアされた作品。1曲目「Intro」とラストの「Outro」では、ヒッチコック版に収録されていた「Music to be Murdered By」と「The Hour of Parting」での語りがそれぞれサンプリングされている他、アートワークもヒッチコック版のジャケットを模したものになっている。

アルバムには豪華ゲストが数多く参加。2017年の『リバイバル』収録の「リヴァー」でも共演していたエド・シーラン、エミネム作品ではおなじみの女性シンガーソングライター=スカイラー・グレイ、気鋭の女性ラッパー=ヤング・M.A、盟友ロイス・ダ・ファイブ・ナイン、90年代を代表するレジェンドたち=ザ・ルーツのブラック・ソートとア・トライブ・コールド・クエストのQティップ、幅広いスタイルで活躍するマルチ・ミュージシャン=アンダーソン・パーク、そして昨年12月に21歳で急逝したラッパーのジュース・ワールドら多彩な顔触れも話題。

エミネムは本アルバムのリリースと同時に収録曲「Darkness」のミュージック・ビデオも公開。サイモン&ガーファンクルの名曲「The Sound of Silence 」をサンプリングしているこの曲は2017年10月にラスベガスで発生し58人が死亡した銃乱射事件を想起させる内容となっており、ビデオの最後では「これはいつ終わるのか? それは皆が問題の重要性に気づいた時(WHEN WILL THIS END?WHEN ENOUGH PEOPLE CARE)」というテロップが流れるなど、アメリカで深刻さを増す銃規制問題に踏み込んだ内容となっている。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

スリラーの巨匠、ヒッチコックの音楽作品に影響を受け制作された通算11枚目。ヤングM.A、エド・シーラン、ジュース・ワールド、Q-ティップ、アンダーソン・パークらをフィーチャーした楽曲を収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Eminem

現在全米で最も売れているラッパー/アーティスト、Eminem。西のヒップホップ界のドン、Dr Dreが惚れこみバックアップをした「Slim Shady Lp」でデビューを飾り、過激に響くそのライムは類まれなる世界観を生み、米英の若者達の強烈な支持をつかんだ。その後、セカンド、サードとアルバムをリリースする度にヒットの規模は巨大化し、彼の発言・行動は常にニュースとして扱われるほどとなっている。200

プロフィール詳細へ

Eminemに関連するトピックス

ヒップホップ/ラップ に関連する商品情報

おすすめの商品