ヒップホップ家系図 Vol.1 (1970-1981)普及版

Ed Piskor

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784903090368
ISBN 10 : 4903090361
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本

内容詳細

米国ワシントン・ポスト紙の"2013年ベストコミック"
米国シアトル・タイムズ紙の"2013年ベスト音楽コミック"
SPIN誌の"2013年ベスト音楽本" 等多くの名誉ある年間ランキングに次々と選出!

米国で今最も注目されている若手コミック作家の一人エド・ピスコーが世界を激変させた米国生まれの偉大なる芸術表現ヒップホップの世界を描いた。爆発的に愉快なエンタテイメント性溢れ、まるで百科事典のように詳細に描かれたヒップホップを取り巻くドキュメンタリー・コミック。

ネット上のBOING BOINGに連載という形で始まった『ヒップホップ・ファミリー・トゥリー』(ヒップホップ家系図)の舞台は、サウス・ブロンクスの公園や個人宅の居間に始まり、やがてはヒップホップ・シーンが急激な盛り上がりを見せたナイト・クラブ、レコーディング・スタジオ、そしてラジオ局へと移行していく。ラッパー同士のバトルやライバル関係、パフォーマンス技術の発展、勝者と敗者:自称ヒップホップ"おたく"である著者はその全てをしつようなまでの情熱でもって調べ上げ、裏を取り、愛情を持って描いた。 ヒップホップ界の初期のスターであった、クール・ハーク、アフリカ・バンバータ、グランドマスター・フラッシュ、カーティス・ブロウ、シュガーヒル・ギャング、ファンキー4+1、後にRUN-DMCとなる3人のキッズのみならず、ラッセル・シモンズ(Def Jamの創始者の一人)、シルビア・ロビンソン(音楽家・シュガーヒル・レコード創始者)、リック・ルービン(音楽プロデューサー・Def Jamの創始者の一人)等同等のカリスマ性を持った重要な裏方達等、それぞれの強烈な個性、歴史的パフォーマンス、人間関係が活き活きとダイナミックに描かれている。

そして、グラフィティ界の巨匠ファブ・ファイヴ・フレディがデボラ・ハリー(ブロンディ)、キース・ヘリング(美術家)、ジャン・ミシェル・バスキア(美術家)、グレン・オブライエン(『TVパーティー』)、チャーリー・エーハン(映画監督・『ワイルド・スタイル』など)、 リー・キノーネ(グラフィティ・ライター・美術家)らと出会い化学反応を起こし、彼等の音楽、アート、そして文化がマンハッタンのダウンタウン全体やメインストリーム・シーンに大きく影響するようになる過程を目撃する事が出来る。

その他、ナイスなキャラの脇役達(後にヒップホップ界のスター…)から、1970年代後半の街の様子、愉快な小話等エド・ピスコーならではの世界観が読む人全てを魅了する。 映画『ワイルド・スタイル』、『スタイル・ウォーズ」や『スクラッチ』等のよく知られたヒップホップ・ドキュメンタリーと同様、『ヒップホップ・ファミリー・トゥリー』(ヒップホップ家系図)は非常に重要な文化的年代記である。ヒップ・ホップファンのみならず、ポップ・カルチャー全般の愛好家、単に当時ニューヨーク市はどんな感じだったか興味のある人々、どんなジャンルであれ特定のシーンはどのようにして生まれ発達して行くのか知りたい人々…全ての人必読のコミック!

「僕からするとこのコミックは"音楽"コミックじゃない。"コミュニティ"についてのコミックなんだ。才能のある人々が出会い、アイデアを出し合い、意見を交わし、それを大きな物へと発展させて行く。"ラップ"、"ヒップホップ"、"音楽"というテーマは副産物に過ぎない。」 エド・ピスコー

「これまでで最高のコミック! 」 ビズ・マーキー

「エド・ピスコーのコミックの登場人物になれるなんて熱湯も凍るくらいクールなことだぜ。」 ファブ・ファイヴ・フレディ

「40年間このコミックを待っていた。」 ハリー・アレン(ヒップホップ活動家/ジャーナリスト)

「イエス・キリストの物語が人類の歴史で描かれた中で一番最高の物語だと言われてるけど、キリストは1977年にニューヨーク市を襲った大停電の時にDJミキサーを盗まなかったし、ファブ・ファイヴ・フレディと地下鉄にグラフィティを描いたわけじゃない。このコミックでエド・ピスコーはヒップホップの歴史を探求し、その実態であるまさに"聖書的"に壮大な物語をBボーイスタイルで繰り広げて見せる。」 ジョナサン・ズウィッケル (MTV.com)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nippon さん

    期待して買ったが・・・ 個人的に失敗。読みにくい。面白くない。内容が頭に残らない。 VOL2に期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Ed Piskorに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

  • 俳優・横田龍儀 1st写真集を発売 【HMV限定特典:ポストカード】第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞、2.5次元舞台・ミュージカルなどで活躍する横田龍儀が1st写真集『龍儀』を3/8に発売! HMV&BOOKS online|1日前
  • ソ・ガンジュン、チョン・ヘインw表紙『haru*hana VOL.57』 表紙にソ・ガンジュン、裏表紙にチョン・ヘインが登場!2大付録として「チョン・ヘイン/ATEEZポスター」、「チョン・ヘイン、ソンフン、U−KISS、MAMAMOO、EXID、LOVELYZ フォトカード」付き! HMV&BOOKS online|20時間前
  • プリンスの日本における足跡を徹底検証 1986年の初来日以来、計6回にわたってジャパン・ツアーを敢行、自身が経営するクラブ「グラム・スラム」の支店を横浜にオープンしたほか、日本でのレコーディングも敢行したプリンスの足跡を辿り、日本に与えた影響を検証する初の書籍。 HMV&BOOKS online|20時間前
  • コスプレイヤー・七瀬さくらによるツーショットチェキポージング集 【HMV限定特典:チェキ風生写真】七瀬さくらが撮られる側の視点で全ポーズ解説!“推し”を最高に尊くするためのツーショットチェキポージング集!地下アイドル・姫乃たま、グラビアアイドル・倉持由香とのスペシャル対談も掲載! HMV&BOOKS online|22時間前
  • 【画像解禁】新木優子 2019年カレンダー&グッズ発売! 新木優子オフィシャルカレンダー2019年版がポスター・デスクタイプの2種類で登場!それぞれにLoppi・HMV限定絵柄の「フォトカード」付き、グッズもあわせたコンプリートセットには別絵柄の「フォトカード」が付属! HMV&BOOKS online|1日前
  • ビートルズ“ルーフトップ・コンサート”に焦点をあてた書籍が刊行 1969年1月30日に行われたゲリラライブかつ、ビートルズのラストライブとして知られる“ルーフトップ・コンサート”の舞台裏。バンドの再生と人間関係を描きながら、なぜライブが行われたのか、あのような形になったのかを解き明かす。 HMV&BOOKS online|1日前

おすすめの商品