CD

Train Of Thought

Dream Theater (ドリーム・シアター)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR11703
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

2枚組の大作『シックス・ディグリーズ〜』以来、1年10ヶ月ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム7作目。前回のワールド・ツアーのバルセロナのショウのアンコールで、メタリカの『マスター・オブ・パペッツ』の全曲を収録曲順通りにプレイした、という本気とも冗談ともつかない離れ業をやってのけた事がファンの間で話題となったが、その事は本作への布石だったのかも知れない...。とにかく本作は「ヘヴィ」なのである。予測のつかないプログレシッヴな曲展開は相変わらずと言えるが、グルーヴィーとすら形容できるM1などは我々の予想の範疇をゆうに越えている。存在自体が実験的なバンドではあるが、これは相当の物議を醸す問題作になりそうだ。

内容詳細

プログレッシヴ・ロックならぬ、プログレッシヴ・ヘヴィ・メタル・バンド。その通りにいわゆるプログレをよりハードにしたメタル・サウンドのバンド。プログレというだけあって、全7曲で70分を超える大作ばかり。ドラマティックな作風が身上か。(恵)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
58
★
★
★
★
☆
 
15
★
★
★
☆
☆
 
12
★
★
☆
☆
☆
 
4
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
2003年にリリースされた7thアルバムです。...

投稿日:2010/09/28 (火)

2003年にリリースされた7thアルバムです。本作の最大の特徴は”ダーク”と”ヘヴィネス”の見事な融合でしょうか。とにかく今までのアルバムとは少々印象が異なることは間違いないでしょう。しかし、傑作であるという事実は全く変わらない。今回も大作志向の内容だと思います。彼らにとっては朝メシ前のオープニングNo.1、そこから超大作がズラリと並ぶNo.2〜No.4はバトルの応酬で実にスリリング。No.5で少々リラックスしたと思えば、No.6のインストバトル、ラストの大作No.7で締めくくる。他にも個人的にはジョン・ペトルーシによる怒涛の弾きまくりのプレイが印象に残り、これはこれで素晴らしい。賛否両論になるかもしれないアルバムだと思いますが、このようなパターンもあるということだ。それにしても恐ろしいバンドだ。

メロディアスHM/HR さん | 青森県 | 不明

0
★
★
★
★
★
デビューから彼らの熱狂的ファンでしたが今...

投稿日:2009/11/23 (月)

デビューから彼らの熱狂的ファンでしたが今はもう全く興味がありません。 このアルバムと「LIVE AT BUDOKAN」が最高傑作です。特にこのアルバムは捨て曲なし、曲順も完璧です。彼らはもう2004年に燃え尽きてしまいました。彼らのファンの大半の方が最高傑作だと言っている「IMAGES AND WORDS」ももちろん素晴らしいアルバムですが、あのアルバムには{ANOTHER DAY}という最悪なポップソングが入っている為に個人的には好きではありません。まずはこのアルバムを最初に聴く事をお薦めします。

OZZYRANDYJAKE さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
☆
音の波が聴けます。 どの曲も濃い音でどっ...

投稿日:2009/05/31 (日)

音の波が聴けます。 どの曲も濃い音でどっぷりと聴けます

kiko loureiro さん | 不明 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Dream Theater

ドリーム・シアター ―― 時にプログレともメタルとも形容されるその壮大なサウンド・スケープ。確かなテクニックと予測不可能な展開を誇る凝りに凝った大仰なサウンドをオーヴァー・グラウンドで堂々と繰り広げるその様はある種痛快でもある。

プロフィール詳細へ

Dream Theaterに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト