ちいさな手のひら事典 魔女

Dominique Foufelle

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766134322
ISBN 10 : 476613432X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
176p;16

内容詳細

魔女になるには、どうしたらいい?魔女って、どんな人?魔女は、どんな格好をしているの?どうして、魔女はサバトに行くの?魔女が調合する秘薬の材料は?魔女と黒ネコがいっしょにいるのはなぜ?白魔術と黒魔術は、なにが違うの?魔女狩りは、いつ、どんなふうにおこなわれたの?歴史のなかで人間の想像力が生み出した魔女と悪魔と魔法に関するさまざまな疑問に答える「魔女の事典」。かつてフランスに大ブームを巻き起こした、貴重で珍しいクロモカードのレトロなイラストがそれぞれのページを飾り、コレクションにも欲しい手のひらサイズの愛くるしい1冊。

目次 : 魔術の歴史/ 魔女になるには?/ 魔女って、どんな人?/ 年老いた魔女/ お妃さまは魔女/ 魔女の必需品/ 鏡よ、鏡…/ 禁断の果実/ サバトで会いましょう!/ 死者を歓迎する〔ほか〕

【著者紹介】
ドミニク・フゥフェル : 作家、ジャーナリスト。南フランスに暮らし、昔ながらの風習や暮らし、言語、自然環境を研究。子どもの教育やフェミニズム関連の書籍も執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 花林糖 さん

    手のひら事典シリーズの最新刊。「魔女」とあるけれど魔女は半分程で、ケルトの僧、妖精、巨獣、幽霊、ブードゥー教、オオカミ男、釘のベッドで苦行、までその他が幅広すぎです。その他も好きなのでこれはこれで楽しかったです。ただやはりタイトルの魔女はどうなのか?と思いました。今回も装丁や絵は◎。

  • 小紫 さん

    この本で初めて「クロモカード」なる物があることを知りました。見開きの右側にそのクロモカードが、そして左側に魔女に関する豆知識的な説明のある画文集、といった感じでしょうか。一つのトピックずつ、さらっと読めます。ドイツやスイスなどの鉤鼻に黒い帽子とドレスのイメージしやすい魔女ばかりでなく、魔女という存在として扱われてきた他の地域の神話や聖職者、妖精、言い伝えの中の小人や魔物などもちらほら出てきてなかなか興味深い本でした。とにかく装丁が凝っていて目の保養でした。《図書館》【魔女月間 in 2020(自分用)】

  • アル さん

    豪華な装丁、見開きの片側をクロモカード(広告石版画)をフルカラーで収録し、もう一方の1ページで1項目をコラム的に記述する形式。 一見子供向けにも見えるが記述は割と大人の読者むけ。 内容は欧州の魔女にとどまらず、記録に残る魔法使いや呪術・魔術全般、幽霊や妖精、ドルイドや呪術医、シャーマンにも言及されている。 学術書的な掘り下げを期待するのは流石に無理があるが、読んでいて楽しい本だった。

  • ののこ さん

    図書館新刊コーナーで装丁に惹かれて借りたが、ザ翻訳といった感じで読みにくく、内容は薄かった。魔女辞典のタイトルだが、途中からネタ切れなのか精霊や民族、呪術、幽霊、一角獣やドラゴンといった幻獣の話が盛り込まれてなんの本だか分からない仕上がりに。 1ページごとの挿絵をパラパラみるのと文の流し読みくらいで、何度も読み返したり買うほどの作品でもないと感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品