CD 輸入盤

Peace

Dayna Stephens (デイナスティーヴンス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SSC1399
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

マット・ピアソン・プロデュースのデイナ・スティーブンス新作
ブラッド・メルドー、ジュリアン・レイジ、ラリー・グレナディア、エリック・ハーランドという完璧な布陣!秋の夜長にぴったりのバラード集


1978年生まれ、アル・フォスターや、ケニー・バロンといった今やレジェンドというべきアーティストに抜擢されてきた一方、アンブローズ・アキンムサリ(82年生)、テイラー・アイグスティ(84年生)といった同世代アーティストと、シリアスに音楽をクリエイトしてきたことで、大きな注目を浴びるデイナ・スティーブンスの最新作品。

オランダのCriss Cross からも作品をリリースする一方、Sunnysideでの第一弾作品『That Nepenthetic Place』は上記のアイグスティやアキンムサリ、そしてグレッチェン・パラート, ジャリール・ショーら長年の朋友らを迎えた作品で話題になったものでしたが、Sunnysideレーベル第二弾は、その対極を行く意味で、また注目です。プロデューサーにはマット・ピアソンを迎え、ピアノにはブラッド・メルドー。ベースにはメルドーの紹介によりラリー・グレナディア。ドラムには、デイナ・スティーブンスのファースト・アルバムにも参加し、グレナディアとは名コンビであるエリック・ハーランド。そこに、まだティーンエイジャーであった頃から、ステファン自身も畏敬の念を抱いたというジュリアン・レイジが参加するという超豪華な布陣。しかもこのメンバーで、バラードに絞った作品なので、強いコンセプトを感じさせるものといえます。作品は、このメンバーだからこその、思慮に富み、美しいサウンド。期せずして、トリビュートとしての意味合いも加わった、ホレス・シルヴァーの名バラード「Peace」に始まり、カルロス・ジョビンにピアソラ、ジャズ史上の隠れた名作曲家ブルーベックなどによる巨匠の残した楽曲を描き上げるサウンドは、端正で折り目正しいものがあります。しかし、この端正さは豪華メンバーが集まったからだけではないでしょう。楽曲によって、スティーブンスは、ソプラノ、テナー、バリトンと、持ち替え演奏。中でもM4の「The Good Life」は、ドラムレスとして豊かでのびやかな音空間を創ることに成功。また白眉なのは、2つのモリコーネ・ナンバーで、「Good Life」同様にドラムを排した「Brothers (from the Mission)」は、ゴスペル的な哀愁をソプラノで優雅に響かせており、『ワンス・アポン・ナ・タイム・アメリカ』の「Deborah's Theme (from Once upon a Time in America)」では、楽曲が湛えたノスタルジックなメロディを哀歓深く演奏。繊細なメルドーのピアノ、スペイシーな音色でノスタルジーをかきたてるレイジのギター、懐深くつづるステファンスのテナー、そして寄り添うべースとドラム・・・。またトニー・ベネットのヴォーカルで知られるM2や4のようなナンバーも注目です。秋の夜長のバラード集。キリっとした空気に染みる作品です。

Dayna Stephens (ts,ss,bs)
Brad Mehldau (p)
Julian Lage (g)
Larry Grenadier (b)
Eric Harland (ds)

収録曲   

  • 01. Peace
  • 02. I Left My Heart In San Francisco
  • 03. Zingaro
  • 04. The Good Life
  • 05. The Duke
  • 06. Brothers (From The Mission)
  • 07. Deborah's Theme (From Once Upon a Time In America)
  • 08. Oblivion
  • 09. Body and Soul
  • 10. Two for the Road
  • 11. Moonglow

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Dayna Stephensに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品