CD

Light Now 〜live At The Village Vanguard (日本先行発売 編集盤)

Dayna Stephens (デイナスティーヴンス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RPOZ10050
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

傑作バラード集『Gratitude』(2017)から一転、
最新作は自身の強力クアルテットによるヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ。


この10年間、常に現代ジャズ・シーンのトップ・ランナーとして君臨してきたサックス奏者デイナ・スティーヴンスの最新作が、遂に日本盤発売。既にリーダー作8枚をリリース、さらに膨大な数の他アーティスト・レコーディングとライヴに参加、いたるところにクレジットされているデイナ・スティーヴンス。地元NYヴィレッジ・ヴァンガードでアーロン・パークス(p)、ベン・ストリート(b)、グレゴリー・ハッチンソン(ds)という強力布陣と共に、今年2019年2月に行ったライヴを収録。

柔らかな音色で流れるようにスムースなサックスを吹くが、独特のリズム・アクセントとタイム感で、極めてモダンなフレイジングとしてサウンドを作っていくデイナの魅力が凝縮された演奏。サックスもテナーをメインにアルト/ソプラノ/EWIと持ち替え、サウンドを多彩なものにしていく。さらにニュアンス豊かなヴォイシングで切れ味抜群のアーロン・パークス、驚異のライン取りをしていくベン・ストリート、ミラクルなグルーヴを作るグレゴリー・ハッチンソンとの相性は抜群。デビュー作『The Timeles Now』(2007)からM1, 4、さらに記念すべきCriss Cross第1作『Today is Tomorrow』(2011)からM-5,6とファンにはうれしい選曲。US盤は11月以降に2枚組で発売予定。日本盤はデイナ自身が1枚にセレクト。

1978年生まれでアンブローズ・アキンムシーレ、テイラー・アイグスティ他と同世代。8才でピアノ、12才でサックスを始める。バークリー音大卒業後、数多くのセッションに参加し、2007年にデビュー作を発表。以降はCriss Cross、Sunnyside他レーベルでリーダー作を発表し続ける。共演アーティストはブラッド・メルドー、フレッド・ハーシュ、ビリー・チャイルズ、テイラー・アイグスティ、ジェラルド・クレイトン、ロイ・ハーグローヴ、アンブローズ・アキンムシーレ、ベン・ウェンデル、クリス・ポッター、ウォルター・スミス3世、ジョー・サンダース、ラリー・グレナディア、ハリシュ・ラジャン、ジョン・スコフィールド、ジュリアン・ラージ、マイク・モレーノ、グレッチェン・パーラト、ベッカ・スティーヴンスと、まさにここ10年ほどのシーンの中心人物として活動し続けている。(メーカー資料より)

録音年:2019年2月/収録場所:NYヴィレッジ・ヴァンガード

@スモーキング・ガン
Aタリファ
Bラン
Cコンテイジャス
Dレディオ -アクティヴ・イヤーワーム
Eルージー・グージー
Fフェイス・リープ
Gレッスン・ワン
Hブラコニアン・グルーヴ

内容詳細

サックスのほかにEWIやシンセも使いこなす才人プレーヤーが2019年に出演したヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ。音楽的も高い親和性を持つアーロン・パークスらとともに密度の濃いインタープレイを披露している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Dayna Stephensに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品