SHM-CD

Fiesta

Charlie Parker (チャーリー・パーカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCV9618
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

【SHM-CD】【新規ライナーノーツ】【再販商品】【限定盤】
<商品詳細>
ビパップの巨人パーカーが吹き込んだ唯一のラテン・ジャズ作品。通常のコンボに2名のラテン・パーカッション奏者を加えた編成で、ラテンの名曲をハッピーにプレイ。


【SHM-CD】【新規ライナーノーツ】
今年60周年を迎えるVerveレーベル。国内初CD化、世界初CD化も含む、名盤ながら現在流通していないレア盤をメインにした50タイトルを限定発売!
<Verveレーベルとは>
ヴァーヴはスウィングからモダンまで幅広く網羅、厖大なカタログを所有するレーベル。ロサンゼルス出身のノーマン・グランツがビバリーヒルズで1956年に創設。ヴァーヴにはオスカー・ピーターソン、ビリー・ホリデイ、レスター・ヤング、ベン・ウェブスター、エラ・フィッツジェラルド、チャーリー・パーカー、スタン・ゲッツなど数々のビッグ・ネームのリーダー・アルバムが多数録音されており、大物同士の夢の共演がレーベルの大きな売りものでもあった。また、オスカー・ピーターソンのトリオ・シリーズ、エラ・フィッツジェラルドの作曲家シリーズ、チャーリー・パーカーをはじめとするストリングス・アルバムなども人気企画である。草創期のレコード・ジャケットを数多く手がけたデヴィッド・ストーン・マーチンのイラストも人気。1961年にグランツはヴァーヴをMGMに売却してしばらく引退。それ以降はクリード・テイラーがヴァーヴのプロデュースを担当し、スタン・ゲッツのボサ・ノヴァなど次々に大ヒットを放っていった。現在はグラミー賞16回受賞の巨匠プロデューサー=デイヴィッド・フォスターが会長に就任し、ジャズの女王=ダイアナ・クラールをはじめ、渡辺貞夫、小曽根真、山中千尋など世界的人気アーティスト多数のレーベルとなり、ジャズ界のみならず、ミュージック・シーンをリードするレーベルとして新たな躍進を遂げている。

●50タイトル
●発売日:2016年7月27日
●ALL\1,500+税
●生産限定盤(生産枚数終了、または2016年12月末までの限定出荷商品です)
●SHM-CD
●新規ライナーノーツ
●再販商品


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ビバップの祖と崇められるチャーリー・パーカーがラテンに取り組んだ貴重な作品。マックス・ローチやロイ・ヘインズといった最強ドラマーにパーカッションまで加わって極上のグルーヴを演出している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
パーカーの死後数年後、彼がヴァーヴに残し...

投稿日:2003/11/11 (火)

パーカーの死後数年後、彼がヴァーヴに残したレコーディングはLPレコードに移されて発売され、それがオリジナルアルバムのように扱われていたが、CD化の際「エイプリル・イン・パリ」「バード・アンド・ディズ」「スウェディッシュ・シュナップス」「ナウズ・ザ・タイム」だけはそのまま復刻されたが、残りの「フィエスタ」「ジャズ・パレニアル」「ナイト・アンド・デイ」「プレイズ・コール・ポーター」は復刻されなかった。今回、日本だけで完全復刻。

tugarukaikyou さん | 襟裳 | 不明

0
★
★
★
★
☆
カルテットにパーカッションが二人加わって...

投稿日:2003/11/11 (火)

カルテットにパーカッションが二人加わって、パーカーとラテンのリズムという面白い組み合わせの一枚。51年と53年の二回のセッションからの選曲で、二回目のセッションでは無名のトランペットが加わる。どちらも、陽気で乾いたプレイが聴ける。ちなみにパーカーのオリジナル「マイ・リトル・スエードシューズ」は、パーカーの生涯で二番目にヒットした曲である。(一位は「ジャスト・フレンズ」、三位「ニューヨークの秋」)

tugaruhanntou さん | 襟裳 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Charlie Parker

1947年4月ニューヨークに戻ったパーカーは、新しいグループを結成する。マイルス・デイヴィス(tp)デューク・ジョーダン(p)トミー・ポッター(b)マックス・ローチ(ds)を従えた「チャーリー・パーカー・クインテット」である。また、パーカーには「ビリーズ・バウンス」を捧げて録音した敏腕のマネージャー、ビリー・ショウが付き、ビジネス的にも大きな成功を収めつつあった。演素はすでにビバップの時代を抜けつ

プロフィール詳細へ

Charlie Parkerに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品