CD 輸入盤

マーラー:交響曲第1,4,5,6番、ブルックナー:交響曲第3,4,5,7,8,9番 クリストフ・フォン・ドホナーニ&クリーヴランド管弦楽団(10CD)

Bruckner / Mahler

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
466348
組み枚数
:
10
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明


ブルックナー、マーラー:交響曲集(10CD)
ドホナーニ&クリーヴランド管弦楽団


ドホナーニがデッカにスタジオ録音した完璧無類の名演をセット化した商品。初出時にはほとんどがレコード芸誌で特選を受けた名盤揃いです。(TOBU)

【収録情報】
ブルックナー:
● 交響曲第3番ニ短調 WAB103『ワーグナー』(録音:1993年5月)
● 交響曲第4番変ホ長調 WAB104『ロマンティック』(録音:1989年10月)
● 交響曲第5番変ロ長調 WAB105(録音:1991年1月)
● 交響曲第7番ホ長調 WAB107(録音:1990年7月)
● 交響曲第8番ハ短調 WAB108(録音:1994年2月)
● 交響曲第9番ニ短調 WAB109(録音:1988年10月)

マーラー:
● 交響曲第1番ニ長調『巨人』(録音:1988年3月)
● 交響曲第4番ト長調(録音:1992年5月)
● 交響曲第5番嬰ハ短調(録音:1988年7月)
● 交響曲第6番イ短調『悲劇的』(録音:1991年5月)

 ドーン・アップショウ(ソプラノ:マーラー第4番)
 クリーヴランド管弦楽団
 クリストフ・フォン・ドホナーニ(指揮)

 録音場所:クリーヴランド
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 原盤:DECCA

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
このセット、2015年の発売となっていますが...

投稿日:2015/10/14 (水)

このセット、2015年の発売となっていますが、これはあくまで再発日で、実際は1999年に出たものそのままですね。前の方が書かれていますが、ブル6、マラ9が含まれません。これは、両曲のディスクが、このセットと同時期に発売された新譜だったため含まれなかった、という事情があります。なぜ今頃、この形で再発するのかは謎ですが、もし装丁も当時のままなら、2枚組プラケースが5組の分厚いものとなるはずです。デッカには、できればドホナーニの全録音集成のボックスを出していただきたいところです。いわゆる「巨匠的」な芸風と無縁であったためか、やたらと日本で評価の低かったドホナーニですが、そのシャープでソリッドなスタイルは、曲とマッチすると素晴らしい効果を生みます。このセットの中では、ブル7、9、マラ4、5あたりは実に見事なものです。

SeaCrow さん | 東京都 | 不明

5
★
☆
☆
☆
☆
1999年に廉価版で発売されたときに購入...

投稿日:2015/10/11 (日)

1999年に廉価版で発売されたときに購入しました。 それまで,単品で発売されていたものが,一気に安価で手に入ったため,とても嬉しかったのを思い出します。 中古品だと今でも3千円くらいで手に入ります。 その商品を敢えてこの値段(通常価格(税込)¥22,777/セール価格(税込)¥16,286)で再発売することにとても疑問を感じます。 リマスターとかSACDとかでもなさそうです。 ミスプリかと思い問い合わせましたが,そうではないという返事でした。 もっと多くの人に聴いてもらいたい名盤揃いなのに残念です。

MR.EYES さん | 埼玉県 | 不明

4
★
★
★
★
★
ブルックナーでいえば6番が入っていないの...

投稿日:2015/10/08 (木)

ブルックナーでいえば6番が入っていないのは何故でしょうか?マーラーはたしか9番もあったはず。 せっかくセット化するなら、全部入れて欲しかったです。いずれ劣らぬ名演だけに残念です。 ほとんど持っていますが、演奏だけの評価は文句なく星5つ。一般的なブルックナー、マーラーの名演とはいえません。あくまでも冷静に、モダンな感覚で楽譜が透けて見えるような現代的な演奏です。オーケストラは金管が抜群に巧いです。同コンビのテラークの録音はやや鮮明さに欠けますが、デッカの録音は超優秀です。 どちらかというとマーラーよりブルックナーの方が面白く感じます。マーラーはやや常識的で、同系統としてはショルティだと思いますが、ドホナーニの方がさらに無機的。 ブルックナーはドイツ的、構築的な演奏とは対極的に、素材をそのまま出しました、といった演奏。マーラー同様熱くならず、宗教的な趣を期待する向きにはまったく受け入れられないでしょう。ここにはない6番第1楽章コーダでティンパニのリズムを崩したのを聞いたときにはのけぞりました。随所で、こうした独特な解釈が出てくるのも実に面白いです。

kadoshin さん | 東京都 | 不明

3

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品