悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781611105
ISBN 10 : 4781611109
フォーマット
発行年月
2013年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
325p;19

内容詳細

作家の五木寛之は、藤圭子の演歌を「<艶歌>でも、<援歌>でもなく、正真正銘の<怨歌>である」と評した。藤圭子は、人生の辛酸を嘗めた作詞家・石坂まさをが書いた「圭子の夢は夜ひらく」にあるように、「十五、十六、十七と 私の人生暗かった」と歌い上げた。
1970年代、若者たちは失意に満ちていた。学園紛争から安保闘争へ連なる革命に敗北していた。外に向けられたエネルギーは萎み、あてどない気分に揺れていた。
戦後日本の高度成長の陰で、人々は急激な明るい変貌ぶりに不安と迷いを覚えた。
藤圭子もまた、デビュー前に、人知れぬ苦労を宿命的に背負っていた。藤圭子の抱える「負」と時代に広がる「負」が溶け合い、当時の若者たちの心を打ち、地鳴りのように響き渡ったのである。

【著者紹介】
大下英治 : 1944年広島県に生まれる。1歳のとき被爆。父を失う。苦学の末、広島大学文学部仏文科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。1970年、『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋”として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。1983年、『週刊文春』を離れ、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鉄之助 さん

    宇多田ヒカルが最近、母の藤圭子に似てきた、と思ったら、歌の天才肌は祖母・竹山澄子から続く三代のDNAがなせるワザだった。「藤圭子の歌は演歌でも艶歌でもなく、間違いなく”怨歌”だ。ブルースもファド(ポルトガル)も”怨歌”だ」と言ったのは、五木寛之。宇多田の歌にも、その裏側に怨念、悲しみが籠っているから、人の心を打つのかもしれない。「私が歌をつくる原動力って結局、”恐怖”と”哀しい”と”暗い”なんですよ、全部」と、ぴあ『invitation』(2004年4月号)で宇多田自身が答えている。

  • ひとまろ さん

    悲しすぎる最期を迎えたヒカルの母。 なんだかつかみどころのない藤圭子だったが 娘のスマッシュヒットで再び脚光を浴びる。

  • fwhd8325 さん

    宇多田ヒカルの章は、初めて読むエピソードでしたが、藤圭子に関するものは、これまでに発表されているエピソードを集めたようでした。 掘り起こせるエピソードも限られているのでしょうが、物足りませんでした。

  • こじりん さん

    藤圭子、宇多田ヒカルの出生、生い立ちが理解できた。怨歌の金字塔を立てた藤圭子の歌は昭和世代の我々にとって、忘れられない物である。宇多田ヒカルの衝撃的デビューも忘れることができない。。

  • どっち さん

    ノンフィクションライターとして有名な大下英治さん、以前に藤圭子のプロデューサー石坂まさを氏のドキュメンタリーも書いているので石坂目線が多いかも。 藤圭子の天才っぷり、当時の人気のすごさを窺い知れる。 突如引退してアメリカに渡り、演歌を離れR&Bに傾倒するわけだけど、その辺りはやはり書かれていない。旦那の宇多田氏だけが知っているのか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品