パーソナリティ障害がわかる本 「障害」を「個性」に変えるために

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784879546258
ISBN 10 : 4879546259
フォーマット
出版社
発行年月
2006年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,225p

内容詳細

生きづらさ、虐待、不可解な犯罪などの背景として重視されているパーソナリティ障害。本書では、魅力的なパーソナリティ・スタイルとして円熟するために、本人や周囲の人ができる対応と克服方法を考えていく。

【著者紹介】
岡田尊司著 : 1960年、香川県生まれ。精神科医、医学博士。東京大学哲学科中退、京都大学医学部卒。同大大学院で高次脳科学、脳病態生理学の研究に従事。現在は京都医療少年院に勤務。パーソナリティ障害の臨床に取り組む第一人者の一人である。小笠原慧のペンネームにて小説も執筆を続けており、『DZ』(角川書店)にて第20回横溝正史賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • viola さん

    ちょっと詳しくなった、パーソナリティ障害の入門書。 境界性、自己愛性、失調性パーソナリティ障害などいろいろあるんですねー。 偉人の中にもこの障害の人が多いんだそう。(・・・・確かに。) 太宰治『人間失格』だとかがちらっと登場し、思わず納得してしまいました。

  • okaching さん

    自分はかつて演技性パーソナルティー障害だったと思う。書かれてあるほど酷くないが。大学時代の4年間を今の妻に支えられ乗り越えたのだろう。ある時期から服にこだわるのをやめ、仕切りに本を読み、他の人の目を気にする事が減った。けれども、他の人の顔色を見て、不安になるのは完全には克服できない。今の課題はさらなる自立。未だに妻との関係性の変化で大きく揺れてしまう。ある年齢になってまで、オシャレにこだわり過ぎている人はだいたいこれだろう。そして道化者、出川哲郎とかもこれなんだろう。不安定な愛着の人は想像以上に沢山いる。

  • チェリ さん

    わかりやすい。そして誰が読んでも良い本。みんな少なからず個性という傾向があって、その極端なところに生きづらさがある。

  • minori さん

    今まで読んだこの種の本のなかでは一番わかりやすかったです。 ケース、特徴と診断、原因と背景、対応とサポートのコツ、克服のために、という流れで、各パーソナリティ障害別にまとめられています。情報技術の発展によって、欲求を満たすことが簡単になり、幼児的万能感が温存されやすくなっている点なども、パーソナリティ障害の増加に関係していることが指摘されている。 特徴的なのは、副題に「障害を個性に変えるために」とあるように、障害を分析するだけで終わらさせずに、障害ではなく個性と捉えられるような「パーソナリティ・ス

  • KTakahashi さん

    文字ばかりですが,全般的に解説してあり,わかりやすい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品