Billy Cobham

Billy Cobham (ビリー・コブハム) プロフィール

Billy Cobham | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ビリー・コブハムBilly Cobham、1944年5月16日-)は、パナマ系アメリカ人のドラマー。主にジャズ/フュージョンの分野で活動しており、マイルス・デイヴィスやマハヴィシュヌ・オーケストラとの仕事で知られる。 なお、名字は「コバム」と読むのが正しい。

来歴

パナマで生まれ、3歳の時に家族と共にアメリカ合衆国ニューヨーク州へと移住。幼少期からドラムに親しみ、7歳の頃には現在の奏法に疑問を感じて、オープンハンド奏法に切り替えたというエピソードを持つ。1965年から3年間、アメリカ陸軍内のバンドでプレイした後、1968年にホレス・シルヴァーのバック・バンドに加入。同年にはジョージ・ベンソンのアルバムにも参加した。

1970年にはブレッカー・ブラザーズや、ジョン・アバークロンビーらと共に、DREAMSというグループに参加、2枚のアルバムをリリースした。また、アフロ・アメリカンのリズムを要求していたマイルス・デイヴィスに誘われて、『ビッチェズ・ブリュー』・セッションの「Feio」(後にCDに収録)や、ジョン・マクラフリンと参加した1970年のアルバム『ジャック・ジョンソン』で演奏を残している。他にもセッションマンとして1970年から、クリード・テイラーのCTIレコードの作品の数々のレコーディングに関与した。

1971年から1973年にかけて、ジョン・マクラフリンのマハヴィシュヌ・オーケストラのメンバーとして活動し、『火の鳥(Birds of Fire)』などのレコーディングに寄与。

1973年にはマクラフリンとカルロス・サンタナとのツアーとレコーディング作品『魂の兄弟(Love, Surrender & Devotion)』、また同年に、ヤン・ハマー、トミー・ボーリン、リーランド・スカラーを従えて、初のリーダー・アルバム『スペクトラム』を制作・発表した。このアルバムは評判を呼び、ギタリストのトミー・ボーリンがディープ・パープルに加入するきっかけにもなった。

1974年から1976年にかけて、アバークロンビーやブルガリア出身…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%