CD

IV

Badbadnotgood (バッドバッドノットグッド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRIL2034
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
1ボーナストラック

商品説明

グラスパー、ケンドリック、カマシの次はコレ!ヒップホップとジャズを今最もエキサイティングに繋ぐ超人気カルテット、BBNG超待望の最新アルバム!

ジ・インターネットやアンダーソン・パークを手掛けた気鋭ケイトラナダ、盟友チャンス・ザ・ラッパーとの共演でもお馴染みのミック・ジェンキンス、ボルチモア・シンセ・ポップの雄サム・へリングなど旬なゲスト陣が集結!!

カニエ・ウェスト、オッド・フューチャー、ジェイムス・ブレイクのカバーで注目を集め、オリジナル・アルバム『V』やゴーストフェイス・キラーとの『サワー・ソウル』のリリース、そして数々のラッパーとのコラボレートでヒップホップとジャズの垣根を越えて高い評価を得てきたバッドバッドノットグッドが、4人体制としては初となる最新アルバム『W』をリリース!!サックス奏者のリーランド・ウィッティが正式加入し、より妖艶なムードと演奏スタイルの振れ幅を獲得した本作は、BPMを自在に往来してまるでキング・クリムゾンがジャズを奏でている様な先行トラック「Speaking Gently」(M-3)を筆頭にジョン・コルトレーン、ヘッドハンターズ、ウェザー・リポート、そしてカンからアーサー・ラッセル、MFドゥームをインスピレーションにレコーディングされた。また、ゲスト陣にはジ・インターネットやアンダーソン・パークを手掛け、ソロ・アルバムも話題の気鋭ケイトラナダ、盟友チャンス・ザ・ラッパーやジョーイ・バッドアスとの共演でもお馴染みのシカゴの俊英ラッパーのミック・ジェンキンス、ボルチモア・シンセ・ポップの雄フューチャー・アイランドのフロントマンであるサム・ヘリングなど旬な面子を召喚。ロバート・グラスパーやケンドリック・ラマーに象徴されるジャズとヒップホップの蜜月が進むシーンに置いて、2016年最も重要なバンドへ飛躍するであろう大傑作がここに誕生!7/8に全世界同時リリースされる本作には国内流通盤のみボーナス・トラックが追加収録される。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

トロントを拠点とするジャズ・ヒップホップ・バンドのアルバムは、ロバート・グラスパー以降の新世代ジャズの潮流とシンクロする一枚。妖しく茫洋としたサウンドスケープの向こうから、官能的なサックスが聴こえてくる瞬間がたまらなく刺激的。立体的で奥行のある音像も素晴らしい。(有)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. And That, Too
  • 02. Speaking Gently
  • 03. Time Moves Slow (feat. Sam Herring)
  • 04. Confessions Pt II (feat. Colin Stetson)
  • 05. Lavender (feat. Kaytranada)
  • 06. Chompy's Paradise
  • 07. IV
  • 08. Hyssop of Love (feat. Mick Jenkins)
  • 09. Structure No. 3
  • 10. In Your Eyes (feat. Charlotte Day Wilson)
  • 11. Cashmere
  • 12. Up (Bonus track for Japan)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Badbadnotgood

トロントを拠点としたマット・タヴァレス、アレックス・ソウィンスキー、チェスター・ハンセンの3人で構成される今注目のジャズ・トリオ・バンド、BBNGことバッドバッドノットグッド。

プロフィール詳細へ

Badbadnotgoodに関連するトピックス

  • BADBADNOTGOODが遂にデビュー! エイサップ・ロッキー、タイラー・ザ・クリエイター、フランク・オーシャン、RZA…錚々たる面子がその才能を絶賛するジャ... |2014年03月13日 (木) 20:40
    BADBADNOTGOODが遂にデビュー!

ヒップホップ/ラップ に関連する商品情報

おすすめの商品