A・m・ウィリアムスン

人物・団体ページへ

灰色の女 論創海外ミステリ

A・m・ウィリアムスン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784846007560
ISBN 10 : 4846007561
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,466p

内容詳細

一族ゆかりの屋敷を下見に来たテレンスは謎の美女と出会う。婚約者よりもコンスエロの美しさに惹かれるテレンス。だが、それは次々と起こる奇怪な事件の幕開けだった…。江戸川乱歩「幽霊塔」の原作をついに邦訳。

【著者紹介】
A・M・ウィリアムスン : アリス・ミュリエル・ウィリアムスン。1869〜1933。イギリス生まれ。詳しい経歴は不明。多数の著書がある。アメリカ人チャールズ・ノリスと結婚した後は、主にミセス・C.N.ウィリアムスン名義で作品を発表、夫婦合作もある

中島賢二 : 1941年、愛知県豊橋市に生まれる。1964年に東京大学教養学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紅はこべ さん

    乱歩の『幽霊塔』の元ネタだそうだが、読んでいないので比較はできず。作者が影響を受けたらしい『白衣の女』と比べると、面白さは劣る。館もののミステリやゴシックが好きな人なら気に入りそうな設定なんだが、どうも冗長で退屈だ。語り手の男にもあまり好感が持てないし。やはりコリンズのストーリーテラーの才には及ぶべくもない。ホームズものの「マスグレーヴ家の儀式書」も連想した。立ち聞きとか偶然とかで謎が解けるという御都合主義的な面も多い。『白衣の女』とスーザン・ヒルの『黒衣の女』と本作でモノクロの女三部作?

  • 紫 さん

    顔が綺麗なだけで、何でも許されるのはおかしい。なので、ムカムカする場面多々。色んな事がてんこ盛りで、それはそれで楽しめた。

  • ホームズ さん

    海外ミステリとして読んでいるとかなり回りくどいし無駄な場面が多い。『白衣の女』に影響を受けたゴシック小説として気分を切り替えればそれなりに読んでいける作品かな(笑)主人公のダークモアが一人でバタバタしてる感じがしてあまり好感が持てないのがこの作品がイマイチって感じてしまう要因かな〜。ホープ嬢の行動もあんまり納得できないけどね(笑)

  • ako さん

    乱歩の「幽霊塔」のベースとなった黒岩涙香の翻案小説「幽霊塔」の原作。先日読んだ乃木坂太郎の「幽霊塔」が涙香原作の漫画だったので、涙香の作品を読んでみたいと思っていた時にたまたま本屋で巡り合った本書。謎めいた美女との出会い、時計塔での過去の殺人事件、美女につきまとう怪しげな人達…謎ばかりの中、テレンスは愛の為に奔走する。

  • mame_maki さん

    ★★・・・江戸川乱歩の幽霊塔を読みもとになった物がどのようなのか気になって手に取った。あー異国の物語だなって。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品