プーの細道にたった家 新潮モダン・クラシックス

A・a・ミルン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105910051
ISBN 10 : 4105910051
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
追加情報
:
234p;20

内容詳細

クリストファー・ロビン、クマのプー、コブタのコプタン、年寄りロバのイーヨーたちの間抜けな冒険、衰えぬ食欲、永遠の友情。

【著者紹介】
A・A・ミルン : 1882年ロンドン生まれ。高名な風刺雑誌「パンチ」に勤めた後、第一次世界大戦に従軍。1924年長男クリストファー・ロビンのために書かれた詩集『クリストファー・ロビンのうた』(晶文社)が成功を収め、続いて26年に『プーの細道にたった家』を発表した。詩集『クマのプーさんとぼく』(晶文社)や続篇『プー横丁にたった家』(岩波書店)のほか、推理小説や戯曲など著作多数。1956年没

阿川佐和子 : 1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りえまま さん

    図書館の新刊コーナーで表紙のあまりの可愛らしさでつい借りてしまった。内容はちょっと脳みその小さいウィニー・ザ・プーや大ボケなイーヨーたちが著者の息子であるクリストファー・ロビンと巻き起こすオトボケな日常のお話。原作はずいぶん昔ですが阿川佐和子さんの新訳でとってもかわいい絵本のようでした。

  • あきちゃん さん

    子供たちが小さいころ一緒にさんざん楽しんだビデオ。恐るべし映像の力(笑)。 あの姿であの声で語りかけてきます。“え!?トララって?あ、ティガーかぁ。”クリストファーロビンの心の中の森でひっそりと過ごしているだろう大切な友達。誰の心の中にもそれぞれの森があるんだろうか。あったらいいね。

  • Saint Gabriel さん

    クリストファー・ロビンはプーの様な友達を持てて本当に幸せ者だ。

  • mame_maki さん

    ★★★・・・私の知っているくまのプーさんとは別物。絵もほのぼのかわいい物語である。

  • hanagon44 さん

    カバーの色合わせ,くまのかわいさ,抜け感に魅かれて手に取る。プーさんや仲間たちのマイペースがずれながらも調和し合っていい感じ。読んでいると力が抜けてゆったりできる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品