ペットシッターちいさなあしあと

森美由紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863111974
ISBN 10 : 4863111975
フォーマット
発行年月
2018年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
243p;19

内容詳細

「ペットシッターちいさなあしあと」は岩手県盛岡市にある、ペットの看取りを行なう会社だ。社長の陽太(25歳)はにおいで生き物の死期が分かる。社員には動物の言葉が分かる薫(26歳)、動物に深い愛情と敬意を抱く柚子川(31歳)がいる。ある秋の日。海外から帰国した父親と久しぶりに対面した陽太は、彼から漂うそのにおいに気付いた…。「死」を通じて明らかになる、それぞれの人生。粗末にしてかまわない「生」などひとつもないことが静かに語られる、切なくも温かい命の物語。

【著者紹介】
〓森美由紀 : 1980年生。派遣社員。青森県出身。2014年『ジャパン・ディグニティ』で第1回暮らしの小説大賞(産業編集センター)受賞。2017年『花木荘のひとびと』でノベル大賞(集英社)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おたけ🍶 さん

    84/100点 『みとりし』の続編。今回は生き物の死期がにおいで分かる社長の陽太が主人公の作品。少年期の二人も描かれていて物語の背景がより明確になったように思いました。この作品では陽太の元恋人のペットの看取りだけでなく自身の父親の看取りも描かれていて、その辛い出来事を通して成長した姿を感じられる点面白かったです。幼い頃に母親から受けた虐待のせいで暗く魅力に欠けていた薫が徐々に変わっていってるように思われるところも魅力的でした。少し他人を思いやれるようになった陽太と薫のこの先をぜひ次作で見てみたいですね。

  • うどん さん

    今回も温かいお話でした。でもこのような能力があったとしたらしんどいだろうな…。

  • ゆみねこ さん

    生き物のにおいで死期が分かる陽太が社長をつとめる「ペットシッターちいさなあしあと」。前作があったことを知らずに読んだので、ちょっと残念。陽太の母が好きになれなくて読みにくかった。

  • しゃが さん

    ペットの看取りを行なう社長の若者の陽太、においで人も含めて生き物の亡くなる日時、時間も分かる。彼が特殊な能力を持に至った過去、ペットを看取るケース、そして家族や社員とのつながりが語られる。看取るという尊厳に満ち、哀切もあり、温かさもある物語だったが、私にはあわない。彼は死期を「におい」で分かるという設定なのだが、その臭いの表現が無理だった、死を死臭のように例えるのは悲しい。

  • ami*15 さん

    「みとりし」のスピンオフ作品。今作は「死を臭いで感じてしまう」陽太がメインで話が展開。前作はペットの死が多く描かれましたが、今回はペットの死というより陽太の父の話がメインな感じで、テーマは悪くないがどこか既存の作品とダブる印象だったし、タイトルに関しても凄く違和感がありました。個人的にペットと人間の幸せを感じるようなところが少なめだったのが残念だった。壮絶な過去を乗り越え、自分にしかできないことを生かした仕事を見つけた陽太。薫と共にお互いの力を生かして命と向き合う2人に前作との繋がりが見えました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品