韓国文学ガイドブック

黒あんず

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909483928
ISBN 10 : 4909483926
フォーマット
出版社
発行年月
2021年06月
日本
追加情報
:
159p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kum さん

    昨年以来手に取ることの増えた韓国作品。特徴をうまく言葉では言い表せないけれど、どれも強い文体ではないのにまっすぐ心に染み込む感覚がある。このガイドブックを読んでその理由が少しわかったような気もして、ますます読んでみたい本が増えた。個人的には社会や歴史問題に触れた内容こそが興味深くもあるのだけれど、その色が強いことが韓国の若者を自国の文学から遠ざけ、「若者の喪失や苦悩と歩調を合わせ」た村上春樹のような日本文学が人気だった側面もあるとの見解にはなるほどと思った。

  • 二人娘の父 さん

    韓国文学に興味を持った方にはマストアイテム。山に登るにも、知らない街を歩くにもガイドの存在は、その行為を何倍にも有意義なものにする。この1年、カラカラに乾いたスポンジが大量の水を吸収するように韓国文学を読んできた自分にとって、一旦、自分の位置を確認し整理する上でとても貴重なガイドブックだった。韓国文学の魅力の源泉は何かを考えてきたが、結局、面白いからだ。そして文学とは、そもそもそういうものなのだ、ということを改めて確認した。

  • よしじ乃輔 さん

    ここ何年かでよく目にするようになった韓国文学は、今後も発展する予感。作家さん達の特徴やオススメを知りたく読むが、コラムでの韓国と文学の関連が思いの外良かった。

  • ちさ さん

    まだ数冊しか読めてないが、韓国文学を読んだ時なぜこんなに心を揺さぶれるのかと読後にいつも思う。作家ごとの丁寧な解説、歴史や政治、ジャンルごとにまとめられ、韓国文学をさらに読みたくなる。私たちは隣の国の文化やエンタメを楽しむだけではなく、もっと知らなければいけないと思った。セウォル号事件は私も記憶にある、それが韓国文学に深く影響していることに考えさせられる。そしてもっと深く韓国文学を読みたいと強く思う。

  • 藤野 さん

    読みたい本が一気に増えてほくほく。特に差別と不愉快さとに敏感だという韓国SFについての寄稿が興味深かった。ポン・ジュノの『パラサイト』といい、いま世界中で話題のNetflixドラマ『イカゲーム』といい、昨今の韓国作品ブームはまさに進歩性を備えた受け手の厳しい批評性にも支えられているのではないだろうか。今まで韓国文学は数冊しか手に取ったことがないが、確かにどの物語も静かながら声なき声に耳を傾け怒り悲しむ力強さに満ちていた。今この時代に必要なこと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品