の、ような。 7 芳文社コミックス

麻生海

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784832204102
ISBN 10 : 4832204106
フォーマット
出版社
発売日
2024年06月14日
日本
追加情報
:
160p;19

内容詳細

ハルの卒園式が終わり、ほっとしたのも束の間、希夏帆たちは小学校入学への準備で忙しい日々を送っていた。そんな中、愁人の会社で行われる親子のイベントにハルは希夏帆とともに出かけるが…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★+ それぞれの家族のあり方。

  • しましまこ さん

    やはりハルちゃんがスゴイ!

  • かなっち さん

    血の繋がりのない4人の同居生活、第7巻です。可愛い子供達に、不器用ながらも惜しみなく愛情を与える大人達…と、毎度の如くホッコリさせられました。もちろん普通と違う家族なので、色々言う人や常識に邪魔されることはありますが。ですが、血の繋がりがなくても、どの家族よりも相手のことを考えて思い遣るのが素敵なのです。そんな中で、ハル君がここぞで発する、言葉の数々に癒されました。そんな彼を困らせた芦屋さんには、怒りを通り越して呆れましたが。とイライラしつつ、愁人さんがどんどん良い父親的な存在になってるのが嬉しいですね。

  • へへろ〜本舗 さん

    冬真たちの話に出てくる美容室の店長、何か他の話に出てきたのかな?意味ありげなカットが気になる。

  • みやび@夜649 さん

    電子。愁人がかなり成長した!1巻見ると全然なってない!これもみんな冬真春陽のおかげかな。しかし亡き両親の祖父母はどちらも健在なのに、引き取ってもらえないってやっぱりモヤモヤする‥。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

麻生海に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品