ナムコはいかにして世界を変えたのか-ゲーム音楽の誕生

鴫原盛之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784910511559
ISBN 10 : 4910511555
フォーマット
出版社
発行年月
2023年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • niz001 さん

    曲名だけで頭の中で音・曲が流れる神懸った80年代のナムコサウンドの歴史。ナムコの各製作者の『音』を鳴らす技術と工夫、更にその後のゲームミュージック史に重要な役割を果たした立役者だったという事、そしてゲームミュージック市場の形成と盛り上がり。この時代をリアルに体験してこれたのはラッキーだったよ。ヘッドフォン端子付きの筐体はありがたかった。そういえばあの筐体、今は亡きキャロットに多かったなと思い出す。

  • takao さん

    ふむ

  • unterwelt さん

    ゲーム音楽がどのように生まれ、それが1つの音楽ジャンルとなるまでをナムコを軸に書いている本。これを読むとナムコが先進的な取り組みをしていたのが分かるが、新しいことをするためには技術力、金、新しいことに挑戦することを容認する環境がないと出来ないのだなぁと世知辛い感情も湧いてくる。

  • dokuni_san さん

    面白かった。出てくるゲームの音楽、SEを頭の中で再生し読み進めた。もっと他の会社のお話も読みたいが、先進性のあったナムコにフォーカスが当たるのは当然であろう。

  • まつだ さん

    ゲーム中に流れる音楽についての歴史。主役はナムコ。ニューラリーXを嚆矢として、はじまるインゲームミュージックの世界。そして当時を語るいろんな雑誌記事などで触れられるナムコ音源について。第3章からがとにかく面白かった。もう、今となっては、音楽を覚えるほど遊びこまなくなったな、とさみしく感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品