スキップとローファー 2 アフタヌーンKC

高松美咲

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065163009
ISBN 10 : 4065163005
フォーマット
出版社
発売日
2019年07月23日
日本
追加情報
:
192p;19

内容詳細

岩倉美津未、15歳。東京の高偏差値高校に首席入学! それを機に上京した彼女は、勉強こそできるものの、過疎地育ちゆえに同世代コミュ経験がとぼしい。そのうえちょっと天然で、慣れない都会の高校はなかなかムズカシイ! だけど、そんな「みつみちゃん」のまっすぐでまっしろな存在感が、本人も気づかないうちにクラスメイトたちをハッピーにしていく! 高校生活にも慣れてきてどんどん輪が広がっていく第2巻、待望の登場!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しましまこ さん

    2巻も面白い〜、からの甘酸っぱ!でも面白い〜。

  • 緋莢 さん

    もっとストイックになりたい!とみつみが担任に相談したところ、紹介されたのが2年生で、生徒会の会計をつとめる高嶺。分刻みでスケジュールをたてる高嶺ですが、(…ただこの性格のせいで 週1回は電車やバスに乗り遅れて泣く夢を見るのは秘密だけどね)という悩み?も。そんな彼女がみつみと一緒に行動し、スケジュール通りにいかなくても、それはそれで良い事もあるというのを発見”する様が、とても印象的でした。もっとも、みつみが何か特別なアドバイスをしたって訳じゃないのですが、そこもまた良かったです(続く

  • ジロリン さん

    <クラスマッチ>!なんという甘酸っぱく郷愁をさそう言葉。そして共学だからこそ起きるドラマ(そんな大層なモンじゃないけどw)の数々。バスケの試合で活躍し、周囲から黄色い歓声を浴びるイケメン同級生。クラスメート女子の「ここで差し入れなんか絶対できないよね」「絶対に『誰、あれ』『差し入れまでして』ていわれる」という会話がリアル。そして最終話で恋愛方面に流れそうになる主役二人だが…「そういう友情もあるよね!」という主人公のセリフが共学ならでは!な対人関係(と感情)…甘酸っペぇぜ!(「甘酸っぱい」言い過ぎw)

  • しなぷす さん

    2巻も即買い。は〜〜今回も良かった!珍しくみつみと志摩くんがギクシャクしたシーン…ああいうシーンからの仲直りがとてつもなく大好物です!

  • あ さん

    昔の旧ナンバースクール(リベラル系。他にバンカラ系がある)を匂わせる、学生自治の色合いがさらに。だんだん緊張感が薄れて、地金が出ちゃったり、口が滑ったりするけれど、フォローが聞き手の予想を上回ってい続けるのが快い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品