にんげん蚤の市 河出文庫

高峰秀子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415925
ISBN 10 : 430941592X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
228p;15

内容詳細

忘れえぬ人たちと、かけがえのない想い出が見事に綴られた一冊。乙羽信子、土門拳、司馬遼太郎…さらにコアラと呼んだ宅配青年…そして夫・ドッコイ。惚れたが悪いか!袖ふりあった人との、心に刻み込まれるエピソード。想い出は盗られる心配もない。その幸せがひしひし伝わる珠玉のエッセイ集。安野光雅さんのカットと挿画で。

目次 : ホノルルの静かでない生活/ のっぺらぼう/ デコちゃんレター/ 眉間の縦じわ/ 小さな棘/ 人間鑑定図/ 年金花火/ ホノルル便り/ 勲章の重さ/ 菜の花

【著者紹介】
高峰秀子 : 1924年生まれ。女優、エッセイスト。五歳の時、松竹映画「母」で子役デビュー。以降、300本を超える映画に出演。『わたしの渡世日記』(日本エッセイスト・クラブ賞受賞)など著書多数。夫は脚本家で映画監督の松山善三。2010年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • なつみかん さん

    高峰秀子さん・・・ご存命の頃を見知ってはいるのだけれど、じゃぁどんな映画に出てらっしゃるのか?、ピンとはきません。それでも印象残る方なのでそのエッセイはどうだろう。いや、これがどうにも面白い!どうりで作品数も多い訳だと、そう思う。サバサバとして、要らぬ忖度のない辛口に、もう何冊かは読んでみたいと思う。となると、現役の女優さんで筆を持つ方、達者な方は誰がいるのかなぁ?探して読み比べてみたい。

  • びす子ちゃん さん

    ざっくばらんで、著者のことがすぐに好きになってしまう。親近感によって、昔へと旅に出られる。「スェタア」の表記にロマン。

  • とし さん

    他の高峰さんのエッセイよりさっぱりしてる気がする。が、気のせいかな?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高峰秀子

1924年、北海道生まれ。五歳で野村芳亭監督の『母』でデビューして以来、1979年に引退するまで日本映画界を彩る数多くの名作に出演した不出世の名女優。その出演本数は三〇〇本以上。代表作に『二十四の瞳』『浮雲』『女が階段を上る時』など。引退後は文筆家として活躍し、自らの半生を綴った『わたしの渡世日記』

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品