本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜第二部 神殿の巫女見習い III

香月美夜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864724739
ISBN 10 : 4864724733
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
375p;19

内容詳細

騎士団の前で強大な魔力を見せつけたことで、マインは貴族の間で注目を集めていた。だが、我関せずとばかりに、本を作る情熱は高まるばかり。より多くの人々に安価で本を届けられるよう、印刷技術を向上させていく。その結果、マインの利用価値を狙う者が出現。危険を察知した神官長は、彼女を神殿に匿うことにする。家族と離れた、マインの長い冬篭り生活が始まるのだった。誰もが本を読める世界へ―その始まりを告げる「金属活字」の完成。厳しい寒さを乗り越え生まれる、マイン一家の新しい「命」。春の訪れと共に、今後の未来を予見するビブリア・ファンタジー転換の章!書き下ろし番外編×2本収録!

【著者紹介】
香月美夜 : 『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 花揶〓書店員 さん

    待ち切れず寝食の時間を惜しむ程WEB版を読み、瞬く間に五百話も越える最新話に至る。兵士の娘、神殿の巫女、領主の養女と成り上がる過程は無論、遅まきながらファンタジー要素が展開し、肝を潰す様な完成度を持つ物語に嫌でも引き込まれた。商業の手順を筆頭に、貴族と平民の習慣、神話や信仰の概念等々、手抜かり無く詰め込まれた仔細な世界観は申し分無い。何よりも人と人が織り成す温かな物語に時に泣き、笑い、優しさが痛い程愛おしい。心から出会えて良かったと思えるマイン達は、今後もより多くの人に心躍る冒険譚を魅せてくれるだろう。

  • すがはら さん

    こんなに早くグーテンベルクに到達してしまうとは!とびっくりしていましたが、神官長からの待ったでしばらくは実用化見合せとのこと。そりゃそうですね。マイン、突っ走りすぎです。新キャラの小学生男児並み青色神官がうっとうしくて嫌でした。高位の貴族らしいですし、付き合いが長くなりそうなので、ちょっと残念だけど結構頼れる二枚目キャラ位に変わっていって欲しいです。

  • よっち さん

    騎士団の前で強大な魔力を見せつけたことで貴族の間で注目を集め、我関せずと印刷技術向上に邁進しようとする彼女が狙われるようになる第六弾。これまで自らの価値に頓着しないまま、本を読みたいという自分の欲望に忠実に邁進するマインでしたけど、直面した脅威を目の当たりにして家族への想いを実感しているだけに、彼女の身を案じる周囲の人々の配慮よって用意された道を行くことは、頭では分かっても簡単には割り切れないですよね。やりたいことは分かっていても状況が複雑なゆえに、彼女がどのような立場になってゆくのか気になるところです。

  • まりも さん

    web版既読。本好き少女が本作りの為に奮闘する話の6冊目。マインが金属活字に挑戦する中、貴族達も裏で動き始める話。きな臭くなってきましたねー。金属活字の確立によって、量産体制に入れるようになったと思ったら、陰で貴族がマイン確保の為に動きだした事で、彼女の人生が更に波乱に満ちた方向へ進み出す事に。家族との時間を大切にしたいと思ってるだけなのに、貴族社会がそれを許さんってのは悲しいもんやな。ジルの外見は思ってたのと違ったけど、これはこれでありですね。書き下ろしの話も面白かったし、次巻も楽しみです。

  • hundredpink さん

    著者のキャラクター達に対する愛が溢れている。だから面白いんだな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月美夜

『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

香月美夜に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品