本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜第三部| 領主の養女 II

香月美夜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864725408
ISBN 10 : 4864725403
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
367p;19

内容詳細

領主の養女となり、神殿長に就任したローゼマインは、慣れない権力者としての立場に翻弄されていた。収穫祭へ向けた準備、新しい孤児たちの面倒、近隣の町からの不満等、立場を手にしたことで課題が増えていく。おまけに、神官長フェルディナンドは常に厳しい。それでも、ローゼマインは諦めない!下町の家族や仲間との再会に励まされ、図書室での束の間の読書で元気満タン!そして、年に一度訪れる「シュツェーリアの夜」に、薬の素材採取へ向かうが…。過去最大のアクションが待ち受けるビブリア・ファンタジー!神殿長はつらいよ!?書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

【著者紹介】
香月美夜 : 『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー。『みんなの図書館』でエッセイを隔月で連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火(パスワード確認!ダイアナ・イレヴンス、再起動に入ります!) さん

    マインに暴言吐いた新たな孤児・トールへの沈着冷静、有能無比な筆頭側仕えフランの平手打ち。「優しさは美点ですが、甘さと履き違えてはなりません」追い打ちをかける神官長フェルナンドの黒笑いイラスト(爆)製本自体に大きな進展見られぬものの、納税者に対しての責任やら精神的成長促される巻。ルッツのコロンブスの卵的考え方で、領主に逆らったハッセの町を極力少ない犠牲(町長一人)で済ませ、手中にすること課題とするマイン。ベンノやルッツのバックアップと、鬼畜神官長(笑)という最良の教師の下、どんな手段で町長を追い落とし→続

  • よっち さん

    領主の養女として神殿長に就任したローゼマイン。収穫祭へ向けた準備、新しい孤児たちの面倒、近隣の町の不満への対応、年に一度訪れる「シュツェーリアの夜」と大忙しの第八弾。貴族としての立場でハッセの街への対応を迫られたローゼマイン。素養も十分に身につかないままどんどん立場が変わる難しさが改めて顕在化しましたが、周囲といい関係を築いてその助けを得ながら奮闘する様子には苦笑い混じりですけど応援したくなりますね。甘やかされていたヴィルフリート兄様も変わる兆しが垣間見えて大忙しな展開でしたけど楽しめました。続巻に期待。

  • すがはら さん

    相変わらずマインのばく進ぶりが凄いです。もうマインでなくローゼマインですけど。それに比べて養父様のダメっぷりが非常に残念でした。いい加減そうに見えても、実は使えそうな人材を見抜いて上手く使いこなすやり手さんなのかと期待したのですが。身内に甘く、自身も甘やかされて、面倒な仕事を放り出していただけだったとは。今後、名誉挽回するのでしょうか。今回は黒い神官長がたっぷり見られて愉快でした。

  • まりも さん

    領主の幼女となったマインの奮闘を描いたシリーズ最新刊。マインがヴィルフリート兄様と1日だけの交換生活をしたり色々する話。所々で泣かせにくるから、涙腺がゆるゆるでやばい。プロローグから泣けたわ。多忙な日々の中で、ほんの一瞬だけの家族とのやり取りが何よりも胸にグッときました。その他にもヴィルフリート兄様の落ちこぼれっぷりを何とかするために教育プランを練ったり、貴族の常識を学んだり、ハッセの収穫祭に出たりと、今回も色々と大忙しだったので、読み応えも十分あって大満足。短編も素晴らしかったし、次巻も楽しみです。

  • 瀧ながれ さん

    お兄さまについては、基本能力値は高いようなので、その伸ばしかたとスキル選択を間違えなければ、「ちょっと面倒な領主」くらいには成長できるでしょう。ここにきて気になるのが、妹のほうの下剋上のゴールはどこなのかということです。いや、本人の希望ではなく。神殿コースをメインで進むか、領主の養女コースを進むかによっても変わるけど…。今後が不穏なのは新しく入った四人の孤児もですね。女の子の無事が納得できたら、男の子は出ていくかもな、と感じました。マルクさんのかっこいいとこが見られた(笑)ので、わたくしは満足です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月美夜

『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

香月美夜に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品