ポリフォニック・イリュージョン 初期作品+批評集成

飛浩隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026695
ISBN 10 : 4309026699
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
381p;20

内容詳細

日本SF大賞史上初となる二度の大賞受賞を果たした、現代日本SF最高峰作家の初期作品&評論集。著者自ら封印してきたデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」他5作、ついに解禁。

【著者紹介】
飛浩隆 : 1960年、島根県生まれ。島根大学卒。81年、「ポリフォニック・イリューション」で第1回三省堂SFストーリーコンテストに入選、「SFマガジン」に掲載されデビュー。05年、短編集『象られた力』(同)で第26回日本SF大賞を受賞。07年、短編集『ラギッド・ガール廃園の天使2』(同)で第6回Sense of Gender賞大賞を受賞。17年、短編集『自生の夢』(河出書房新社)で第38回日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    飛浩隆のエッセンスがギュギュッと詰まった贅沢な一冊。単行本化されていない初期作品が読めるなんて有難や〜。「異説:猿の手」はHoLicでの話がSF的飛躍を遂げていて正直、たまげました(笑)「いとしのジェリイ」は人間と無生物、創造と被創造、本物と偽物の価値の置き方が逆転するのが痛快。「星窓」の幾つもの現在の可能性と投射によるビックバン描写も清々しくて好き。本の批評については読みたい本が増えて嬉しい悲鳴を挙げたくなります。同時にインタヴューで言及されるSFからの影響や解釈について己のSF読みの浅さを恥じるばかり

  • keroppi さん

    初期短編、書評、自作を語るの三部構成。「グラン・ヴァカンス」も「ラギッド・ガール」も読んでいないのに読んじゃいけなかったかなぁ。とは言っても、飛さんの魅力が詰まった一冊。書評や自作を語るが特にその視点に惹かれた。「シン・ゴジラ」論まであった。やっぱ、前二作読まねば。

  • まりお さん

    SF短編集。お気に入りは「ポリフォニック・イリュージョン」。わたしの言葉にぼくの言葉が混ざりこんだ時はうん?と思い、二度見した。そこからわたしとぼくの言葉を行き来する。最後彼等の魂は安らぎを得られた、と他者が言うのだが、他人の思い込みではなく魂の持主本人の意志で得たかどうか判断される。得られない技術を書く、これが好き。

  • かめぴ さん

    ヤバイ!なんかもう凄い。ぎっしりと詰まっている飛氏の魅力が。と言っても自生の夢しか読んでないんだけども…あれでガッチリ鷲掴みされた後のこれ。オタクなのか飛氏。この文体にめちゃくちゃ感動する。「映画やコミックを観るよりエキサイティングでダイレクトな訴求力のある文章でありたい」いや正にその通りです。

  • Tenouji さん

    さわやかさの中にある、暴力的な力学に感心していたのだが、なるほどね、「もの」と「かたち」と「ちから」の相克だったんだ。飛氏の文章は、身体感覚を気持ちよく揺さぶられる感じがいい。 言葉の重さ/軽さ - 天王寺書房 https://tenouji.hatenablog.com/entry/2019/02/22/114028

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

飛浩隆

1960年、島根県生まれ。島根大学卒。1981年、「ホリフォニック・イリュージョン」が第1回三省堂SFストーリーコンテストに入選、SFマガジンに掲載されてデビュー。2005年、初期作品集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。2007年、連作集『ラギッド・ガール 廃園の天使2』(以上、ハヤカワ文

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品