わたしの幸せな結婚 5 富士見L文庫

顎木あくみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040739489
ISBN 10 : 4040739485
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
追加情報
:
288p;15

内容詳細

清霞への想いに気がついた美世。帝都では異能心教の侵出が進み、美世たちは皇太子、堯人の提案で宮城に身を寄せる。過去の記憶から変化を怖れ、想いが告げられない美世は、ある夜、清霞から思わぬ本心を告げられる。

【著者紹介】
顎木あくみ : 『わたしの幸せな結婚』(KADOKAWA)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美紀ちゃん さん

    ドキドキ💓 そして、またまた、To Be Continued. あ、堯人様のお屋敷のご飯は、豪華さは感じないが美味しかったようで、見た目ではなく味が丁寧で高級な食べ物はそそる。どんなものなのか、もう少し情報が欲しい。

  • 蒼 さん

    いくつかの違和感が全編を通して漂い、自分の中で咀嚼しきれない。美世は強くなったと思っていたけどここに来ての弱腰と優柔不断に、どこか物語を引っ張りたいのかなという嫌らしい穿った見方をしてしまい、純粋に物語を楽しめなかった。現代のリモート飲み会もどきの『婦女子の会』なるもがおちゃらけて浅く感じたのも理由の一つか。美世が持つという「異能」の全貌が姿を現しタイトル通りの結末を次巻で見せて欲しい。

  • hirune さん

    美世ったらこんなに奥手で頑固に心を開かないなんて、清霞さんは面倒くさくないだろうかと心配になっちゃう😅でも虐待されて育ってきたから仕方ないのかしら…。とか思ってたらどんどん不穏な雰囲気に〜、ドキドキハラハラしながら読み終えましたが、ここで終わるのかぁヽ(;▽;)いつも守られてきた美世が八方塞がりで絶体絶命の現状に遂に一人で立ち向かうのか?心配過ぎる…誰かあの独りよがりの妄想爆発な中年オヤジをなんとかしてほしい😰

  • アクビちゃん さん

    美世が、どうして清霞への想いを抑えているのか理解出来なかったけど、そいう事なのね。(´д⊂)‥ハゥ もどかしい〰 人を愛すると、それしか見えなくなりそうで、怖いだなんて… 美世ちゃん!若いし、それで良いのよ♡と、背中を押して押しまくりたーい❣ 新の裏切りは、なーんとなく予想出来たし、ビックリする展開もなく、甘水との攻防戦がメインで、あまりキュンキュンしなかったので、次回はキュンキュン増しでお願いします(笑)

  • よっち さん

    清霞への想いに気がついた美世。帝都では異能心教の侵出が進み、美世たちは皇太子・堯人の提案で宮城に身を寄せる第五弾。過去の記憶から変化を怖れて、想いが告げられない美世に、ある夜、清霞から告げられた思わぬ本心。不器用すぎる美世と清霞は、清霞が思っていることを少しずつつでも語るようになって、心を通わせることができるようになって良かったなと思いましたけど、情勢的としては内通者だらけの後手後手に回る展開で、かなり厳しくなってきちゃいましたね…ここから巻き返せるのか、美世が幸せになるためにも頑張ってほしいところです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

顎木あくみ

『わたしの幸せな結婚』(KADOKAWA)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

顎木あくみに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品