文章は「形」から読む ことばの魔術と出会うために 集英社新書

阿部公彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087213058
ISBN 10 : 4087213056
フォーマット
出版社
発行年月
2024年03月
日本
追加情報
:
312p;18

内容詳細

「文学作品はもういい!実社会で使われるような文章を読ませるべきだ!」そんな声に押され国語教育の大改造が始まった。文科省が重視したのは実用性。文学はこの枠には入らないという。しかし、この考え方は正しいのか?文章を読む際に大事なのはことばの「形」を見極める力だと著者は言う。そこを鍛えるトレーニングをしたい。その助けになるのが文学作品を読む技術なのだ。本書では契約書、料理本のレシピ、広告、ワクチン接種の注意書き、小説、詩など幅広い実例を用いて「形」を読む方法を指南する。画期的な日本語読本の誕生!

目次 : 第1章 学習指導要領を読む/ 第2章 料理本を読む/ 第3章 広告を読む/ 第4章 断片を読む/ 第5章 注意書きを読む/ 第6章 挨拶を読む/ 第7章 契約書を読む(1)/ 第8章 契約書を読む(2)/ 第9章 小説を読む/ 第10章 詩を読む

【著者紹介】
阿部公彦 : 1966年生まれ。東京大学文学部教授。専門は英米文学。東京大学大学院修士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    「実社会で使われるような文章を読ませるべきだ!」という声に押されて始まった文科省の実用性を重視する国語教育の大改造。そんな今、文章を読む際に大事なことは何かを改めて考える1冊。学習指導要領や料理本のレシピ、ワクチン接種の注意書き、挨拶や契約書、小説や詩などの具体的な事例と特徴、どんなことを意識して書かれているのか注目して取り上げながら、文学か非文学かということではなく、文章を読む際に言葉の形を見極める力の重要性を説いていて、それを鍛える助けとして文学作品を読む技術は必要だという論旨には納得感がありました。

  • 今Chan さん

    高校国語科の改訂に対する違和感を、文章の「形」という視点から検証してくれる。読みの多様性を講じる前に一読しておくのがいいかも。

  • よっちん さん

    研究室

  • のりのりの離島 さん

    天気のリポートをポエム風に紹介する近県のNHKアナウンサーを思い出した。タイトルに惹かれて。普段からジャンルを問わず本は読む方だし、広告コピーにも知見があると思っていたが、さまざまな文章について、そういう見方があるんだ! という楽しい読書。本書は実践編ということから、著者の『事務に踊る人々』も読んでみなくちゃ。

  • ロム さん

    途中、間が空いてしまったので、感想は後半から。小説の項が興味深かった。小説読むのが苦手だったんですが、なんで?なんで?と疑問に思ってました。が、小説及び文豪の読み方について、「問いを立てる」とありました。あ、そういう方法で読んでもいいのね、と安心しました。これからは食わず嫌いしなくて済みそう。そしてなぜこんなにも苦手だったのかが納得。「不安定さ」があったから不安になってたんだな〜と。文章との向き合い方に新たな視点を投じた本だと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿部公彦

1966年生まれ。東京大学文学部教授。専門は英米文学。東京大学大学院修士課程修了、ケンブリッジ大学大学院博士号取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品