読書の日記 本づくり/スープとパン/重力の虹

阿久津隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909242075
ISBN 10 : 4909242074
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
672p;15

内容詳細

目次 : トマス・ピンチョン『重力の虹』/ ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』/ 武田百合子『あの頃』/ 滝口悠生『高架線』/ 島尾敏雄『「死の棘」日記』/ 植本一子『降伏の記録』/ ダニエル・L.エヴェレット『ピダハン』/ フアン・ガブリエル・バスケス『密告者』/ エリック・ホッファー『波止場日記』/ 梯久美子『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 吾亦紅 さん

    初台でfuzkueという本の読める店を経営しながら、本を読む日々。2017年の10月から2018年の5月上旬までの毎日の記録はたっぷり664ページ。文庫判でハードカバー、表紙の本を読む女性の絵も、装丁もすべて素晴らしく、美しく愛おしい本。2018年の5月1日の、ヤクルト中日戦の記述がとても良かった。一球一球、選手と観客の「時間が同期」されていくあの感覚、「勝ち負けが遠ざかる」感覚。あの美しい神宮球場の5月の爽やかな風を感じた。非日常も日常も、積み重ねた毎日はとても大切なものだと感じる。

  • 踊る猫 さん

    面白い読書体験だった。読書家であることは疑いえないこの書き手は、しかしそんな自らの「読書癖」(池澤夏樹)をもメタの視点から相対化する知性を有している(そして、そのマナーは保坂和志から受け継がれたはずだ)。だからその知性が伸びやかに書き記す言葉は面白い。読書があり、生活がある。生きることと読むことがすなわち考えることとして、達人の域に達しているのではないかと思う。この書き手が日記ではなく、それなりにオチや教訓を盛り込むことが要求されるエッセイにおいてどんなものを書くのか、こちらはつい夢を広げる。処女作を待つ

  • 踊る猫 さん

    前作『読書の日記』と比べると、著者は乱暴にはち切れんばかりに書くのではなく少し抑えめ・控えめに日記を記しているように感じられる。それだけ書き慣れて洒脱・達者になったということだろう。だが、読書に関する情熱はやはり唸らせるものがある(「情熱」という言葉をこの著者は涼し気な顔でやりすごすかもしれない)。どんな状況にあっても著者は本を読み、そこから得たものを日記の中に溶かし込み、引用も交えてよりスリリングにこちらに伝わるように開陳する。とっ散らかっているようでスジの通った選書もなかなか興味深い。保坂チルドレン?

  • 江藤はるは さん

    たとえ日記本とはいえ、この本の面白さは異常では?

  • rin さん

    ★★★★★…前作は読むのにかなり時間を要した。読んでも読んでもページが減らないような、愉快な気持ちになった。今作も分厚く、またあの気持ちを味わえると思っていたら、面白くてあっという間に読み終えてしまい拍子抜け。もっとゆっくり読めば良かったなぁと思いつつ、たまには勢いよく読むのも良いかと思ったりもする。なんというか、著者のように息をするように本を読みたい気分。そして第三弾も出して欲しいと切実に思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿久津隆

1985年、栃木県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、金融機関に入社。3年間営業として働いた後、2011年に岡山にてカフェを立ち上げ、3年間店主として働く。2014年10月、東京・初台に「fuzkue」をオープン。2020年4月には2号店を下北沢にオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品