世界史で読み解く日米開戦「一神教」が戦争を起こす理由

関野通夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784802400756
ISBN 10 : 4802400756
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
262p;19

内容詳細

元国際派ビジネスマンによる分析と海軍中将の手記が明らかにした戦争の真実!アメリカの日本への狂気はどこから生まれたのか―。

目次 : 第1部 戦争の原因を複眼的に理解する(宗教が戦争の原因となるメカニズム/ 世界史の中で日本はどのような位置にいたか/ 日本はどのように戦争に巻き込まれたか)/ 第2部 日本人が歴史戦で「負け続け」る理由(日中戦争の分岐点/ 日米戦争はなぜ起きたか/ 日米開戦から終戦へ/ 東京裁判の非合法性と、アメリカの狙い/ 日本国憲法/ 慰安婦問題/ 日本人と欧米人の法意識の違い)

【著者紹介】
関野通夫 : 昭和14年鎌倉市生まれ。昭和39年東京大学工学部航空学科卒業後、本田技研工業株式会社入社。工場勤務後、フランス5年半(技術部長)、イラン2年(合併会社の代表)、アメリカ9年(ホンダ関連会社現地法人執行副社長、社長)として駐在。その他、東アジア、ブラジルの海外生産活動の責任者を務める。平成13年退職、実務翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しゅう さん

    日本の国教がキリスト教にならずに、一神教にならなかったのは、当時の日本が先祖を崇拝する文化があった事や天皇陛下が神として崇められていた事や、イエズス会などが焦って強引に広めようとした事があったから。 一神教になると、自分が信じる神が絶対で他の宗派は悪だと排除する事から戦争が勃発する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品