兄弟天気図 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407050
ISBN 10 : 4309407056
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
追加情報
:
15cm,145p

内容詳細

水天宮の段々坂に鈴の音が鳴ると、ぼくの兄さんとよく似た少年が現れる。歳の離れた姉さんは言う。ぼくには六歳で死んだもう一人の兄がいたのだと。兄さんは作り話だと笑うのだが…著者が初めて子どものために書下ろした珠玉作。

【著者紹介】
長野まゆみ : 東京都生まれ。女子美術大学卒業。デザイナーを経て、『少年アリス』で第二五回文芸賞受賞。独自の作風で熱狂的に支持され続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mii22. さん

    ノスタルジックな長野作品の中でも、特に昭和の子供の頃の風景や暮しが目の前に浮かび上がるような作品だった。まるでこの物語のどこかに自分が登場するのではないかと錯覚するような懐かしさにきゅんとする。ご近所のおばあちゃんやおじいちゃん、幼なじみ、もちろん父や母も当時のままの姿で目に浮かぶ。特に湯屋(お風呂屋さん)の情景やそこでのエピソードなどはどれも経験したことでたまらなく懐かしい。不思議な少年の存在が謎のまま月日がたって大人になって思い出すシーンも経験あったよう気がしてならない。

  • 紅香 さん

    昭和三十年代の中頃まで洗濯機も冷蔵庫もなくて当たり前、あれば便利くらいのものだった。お風呂も家になくて湯屋にいくのが主流。何だか信じられない。舞台はそんな日本。ある家族の日常。。まだ豊かではなく…でも今より豊かに感じるのはなぜだろう。ほこりとひなたの匂いが立ち込めて、とても風通しがいい。隣と近所の境目がなく、あの世とこの世もふとした弾みで繋がっても構わない、懐の大きい雰囲気。もうそんな時代はこないのだろうか。不思議。その時代に生きていないのにとても愛おしい。祖母の姿を文面に垣間見たからかもしれない。

  • coco夏ko10角 さん

    昭和のいい空気だ…。そして キリリンコロンの鈴の音、ちょっと不思議なお話…。

  • 螢 さん

    水天宮の段々坂に鈴の音が鳴ると、兄さんとよく似た少年が現れる。かつて、僕と兄さんが生まれる前に死んでしまった兄。ふらりと現れる死者は日常に溶け込み、またあるときふといなくなる。何か目的があるようにも見えず、ただそこに存在している、というのは生きている人間とさほど変わらず、その存在をつるりと受け入れてしまう。湯屋の熱い湯と冷えた霧状の空気。ぼんやりと熱に浮かされ、冷えた視界がクリアになっていく、その繰り返し。

  • 橘 さん

    夏の不思議な物語でした。漂う昭和の風情も素敵でした。長野さんのあとがきも興味深かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。女子美術大学卒業。1988年「少年アリス」で文藝賞を受賞しデビュー。2015年『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品