小説・ウルトラマンダイナ 平和の星・ジ・アザー オークラ出版文庫

長谷川圭一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784775528471
ISBN 10 : 4775528475
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
224p;15

内容詳細

「ウルトラマンダイナ」のメイン脚本家が、テレビシリーズ第三十三話「平和の星」を大胆にアレンジした小説が、二十年ぶりに文庫になって帰ってきました!『SSSS.GRIDMAN』の長谷川圭一の筆がうなる!

【著者紹介】
長谷川圭一 : 1962年静岡県生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。脚本家、日本脚本家連盟員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Bugsy Malone さん

    これも19年越し待望の文庫化。第33話「平和の星」のひな型シナリオが元の小説。放送回とは視点や設定に違いがあるけれど、登場人物の内面がより深く掘り下げられていて、テレビ版と同様のテーマに厚みを増していました。そして何よりも変わらぬアスカやスーパーGUTSの面々にまた会えた事に感謝です。

  • 御門 さん

    評価:☆1 いや、これは酷い。元々この作家の描いた脚本自体が自分は全く好みではないのだが、それにしてもあんまりだ。脚本畑の人が小説を書くと文体が酷い有様になるのはままあることだが、特撮関連は飛びぬけてそれが多い印象がある。(小説版エグゼイドがそうだった)全く伏線を張らないまま「例の電波」などと言われても何が何だかわからない。物語自体も本来のストーリーを焼き直した挙句劣化させたようにしか見えない。なんだかなぁ……

  • ナンさん さん

    テレビ版とは細部が違うアナザー版。 キャラの掘り下げ方はこちらの方が好きかな。 主題歌の歌詞で誰よりも何よりも君だけを守りたいってあるけど正にその歌詞がぴったり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品