すりながしのレシピ 旬野菜とだしで作るからだにやさしい日本のスープ

長島博

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416618820
ISBN 10 : 4416618824
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
長島博 ,  
追加情報
:
127p;21

内容詳細

「すりながし(擂り流し)」は、野菜や魚介類、豆腐などをだしでのばしてスープ仕立てにした、日本の伝統料理です。

食材をミキサーやブレンダーにかけて作るすりながしは、いわば日本のポタージュスープ。
さまざまな旬の素材で楽しむことができます。
バターや牛乳などを加えない、だしが主体のシンプルなスープなので、
野菜そのものの味を楽しめるだけでなく、低カロリーでヘルシー。
しかも野菜を丸ごと使うので、ビタミンだけでなく繊維分までたっぷり摂ることができます。
だしベースなので、乳製品アレルギーのある方も安心して食べられます。
離乳食や介護食としてもおすすめです。
温かいものはもちろん、冷やしてもおいしくいただけるので、
夏バテで食欲のないときでもさらさらと食べられます。

すりながしの利点の一つは、冷凍して作り置きができること。
野菜ペーストをまとめて作って冷凍しておけば、食べる直前にだしで割るだけなので、
忙しい毎日でも無理なく食卓にのせることができます。

本書は、旬野菜を中心に魚介、海藻、豆腐、乾物、果物を使った基本のすりながしとそのアレンジレシピ約70を掲載。
ミキサーのかけ方で食感を変えたり、トッピングや具を加えることでイメージも新たな一品に仕立てるなど、応用のきくアレンジ方法を紹介します。

朝食にはパンに合うすりながし、昼食には麺を入れたすりながし、夕食には豆腐のすりながし、
目にも鮮やかなおもてなしのすりながしなど、さまざまなシーンでのすりながしも提案します。

お味噌汁やお吸い物と並ぶ、日本の第三のスープとして、すりながしを毎日の食卓にぜひ取り入れてみてください。

【目次抜粋】
・はじめに
・すりながしを作る
・基本のすりながしの作り方
・旬野菜のすりながし
・多彩なすりながしを楽しむ
・コラム パリに見る日本のだしの魅力/管理栄養士からみたすりながしの魅力
・あとがきにかえて
・地産地消日本全国妄想すりながしマップ

【著者紹介】
長島博 : 1946年、横浜市生まれ。1990年に築地本願寺「日本料理紫水」取締役料理長、2009年に専務取締役総料理長に就任。2015年より東京エアポートレストラン株式会社取締役総料理長に就任。2013年「黄綬褒章」授与。2016年クールジャパン・アンバサダーに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • skr-shower さん

    和風ポタージュ。乳製品を使用しないのは軽くて良い。納豆はちょっと遠慮…

  • аяка さん

    気が利いていて,鮮やか.珍しくも早速作ってみたが,簡単美味しい.

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品