歴史をつくった洋菓子たち キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで

長尾健二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715498
ISBN 10 : 4806715492
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
305p;20

内容詳細

洋菓子の文化が花開く18、19世紀のパリとウィーン。お菓子の都で、洋菓子職人(パティシエ)たちは、今に伝わる洋菓子の傑作をどのように発明し、工夫し、世界中に広がる文化へ昇華させていったのか。クレープ、アップルパイ、ザッハトルテなど身近な洋菓子たちとともに、皇帝、国王、貴族、市民富裕層とパティシエとの関係から、イチゴのショートケーキの由来までを豊富なエピソードを交えてひもとく。

目次 : 第1部 文化史としての洋菓子の歴史/ 第2部 おしゃべりな洋菓子たち(ガトー・デ・ロワ/ クレープ/ アップルパイ/ エクレール/ ヴォローヴァン/ ザッハトルテ/ マドレーヌ/ ブリオシュ/ パンプキン・パイ/ サヴァラン/ ビッシュ・ド・ノエル/ パン・デピス/ タルト・タタン/ ビスケット)

【著者紹介】
長尾健二 : 1949年東京生まれ。(社)日本洋菓子協会連合会にて30年近くにわたって洋菓子専門月刊誌『ガトー(GATEAUX)』の編集に携わった後、退職してからはフランス料理を中心とする食文化史の探求に専念する。また、併せて洋菓子の由来と歴史に関する古今の資料収集にも力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くさてる さん

    よくある洋菓子にまつわるトリビアを集めた本かと思ったら、まことしやかに語られているそのトリビア自体が正しいかどうかを検証するような内容で、とても面白かった。とにかく原典にあたることをモットーとする著者の姿勢はちょっと頑固おやじっぽいけれど、そのこだわりが下敷きになったアップルパイやマドレーヌ、ブリオシュにザッハトルテという有名菓子の解説は詳細でとても面白い。読み応えありました。

  • シルク さん

    H・W・ビーチャーの『アップルパイ』て本からの引用が、す・て・き(*´Д`) 「それは、砂糖が砂糖の性質を放棄し、バターがバターであることをやめ、それぞれの香り豊かなスパイスが自ら進んでその性質を消滅させた上にできあがる栄光に満ちた統合物であり、それぞれの素材がその共通の死を通して『アップルパイ』という新しい生命へと昇華することなのである!/りんごはもはやりんごではない! それもやはり姿を変える。」(p.72)……むかし、母親の料理で、多分アップルパイが一番好きだった。もう二度と食べられない味だけど。

  • gtn さん

    洋菓子と宗教との関わり、洋菓子それぞれの歴史を紹介する。まるで翻訳本のように詳細。小さく切るからショートケーキだと思っていたが違った。サクサクとした触感を英語でショートネスといい、そのケーキが日本に紹介されたが、同形のフワフワケーキの名称に転用したらしい。ともかく洋菓子に対する著者の愛情の深さに敬意を称する。

  • Hiroko Ogino さん

    どこかで説明はされているものの覚えきれない大量のフランス語は前に読んだ『虚像のアラベスク』を連想する。菓子の起源は20世紀に誕生したものでもはっきりしなかったりする。失敗がきっかけ、という話も多い(タルトタタン)。なんにでもスパイスを使った時代があった。国をまたぎ影響しあって今の形になった菓子を語るこの本の初出が、韓国の雑誌だったのも面白い。「セルビアのブラチスラバ」はいただけない。校閲が入ってない?

  • クサバナリスト さん

    アントナン・カレームを始めて知った。洋菓子の歴史にも色んなことがあることを知った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長尾健二

1949年東京生まれ。(社)日本洋菓子協会連合会にて30年近くにわたって洋菓子専門月刊誌『ガトー(GATEAUX)』の編集に携わった後、退職してからはフランス料理を中心とする食文化史の探求に専念する。また、併せて洋菓子の由来と歴史に関する古今の資料収集にも力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品