海外トレイルランニング UTMBほか世界の絶景を走るRUN+TOURISM体験ブック

鏑木毅

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416314210
ISBN 10 : 4416314213
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;22

内容詳細

いつかは海外レースに出てみたい―そろそろ時期が近づいたかも―そんなトレイルランナーに贈る、海外レース出場に向けた実体験バイブル。本書で紹介しているのは、誰もがいつかはぜひとも参加してみたいと憧れる世界の16レースです。実体験に基づいたエピソードを通して、レースはもちろん、「旅」としてのアドバイスもふんだんに盛り込んでいます。そして、その中には、ビギナーでも参加できるレースに向けたヒントも散りばめられています。

目次 : ヨーロッパで開催されるレース(ウルトラレイル・デュ・モンブラン(フランス、スイス、イタリア)/ ニボレ・リバード(フランス)/ トルデジアン(イタリア)/ アンドラ・ウルトラトレイル(アンドラ公国)/ レッドフォックス・エルブルス・レース(ロシア))/ アフリカで開催されるレース(グラン・レイド・レユニオン(南インド洋レユニオン島(フランス))/ サハママラソン(モロッコ))/ アジアで開催されるレース(ビブラム・ホンコン100(香港)/ ザ・ノース・フェイス100シンガポール(シンガポール)/ キナバル山国際クライマソン(マレーシア))/ アメリカで開催されるレース(ハート100(ハワイ)/ ウエスタンステイツ100(カリフォルニア州)/ タホ・リム・トレイル(ネバダ州)/ ハードロック100(コロラド州)/ レッドビル・トレイル100(コロラド州)/ カスケードクレスト100(ワシントン州))

【著者紹介】
鏑木毅 : 1968年群馬県生まれ。日本のトレイルランニングの第一人者。早稲田大学在学中に箱根駅伝を目指すも、怪我により断念。28歳の時に山田昇記念杯登山競争大会で初出場・初優勝を飾り、トレイルランナーへと転向した。2005年には日本山岳耐久レース、富士登山競走、北丹沢12時間山岳耐久レースの国内3大レースを同一年に全て制覇する前人未到の三冠を達成。2007年より舞台を世界へと広げ、2009年「UTMB」3位、「ウエスタンステイツ100」準優勝、2009年&2010年「北京エンデュランス100K」優勝、2013年「Bighom100」優勝など、輝かしい実績を築いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Machiko さん

    今すぐどうこうという訳じゃ、決してないけど、トレイルって奥深いなあ。海外の方がタイムとか完走とかにこだわらないで楽しめる感じだなあ。

  • ロマンスカー大爆破 さん

    おおまかな体験談が読める。レースを追体験できる。レースの細かいアドバイスも欲しいところだが、おそらく実際に走ることはないでしょうw 完走するだけでなくタイムもはやい。自分なんてまだまだだよ。

  • ないとう さん

    海外のトレイルラン大会出場の体験記。 チーム内の会報誌のような内容で、内輪的な感じもあるが、実際に出場した人のレポートなので臨場感がある。今のところ出場するのはかなり現実味がないけど、いつかは近場のアジアの大会なら出てみたいかなぁ。

  • vivol さん

    レースの概要を読むだけでワクワクする。走ったらもっと楽しいんだろうな。そんな機会が訪れるのでしょうか。自分の身体と財布に相談だ。

  • 戻す さん

    ハワイの100マイルレース出てみたいですね。モンブランは超有名ですけどかなりハードそうです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鏑木毅

プロトレイルランナー。1968年10月15日生まれ、群馬県出身。中学2年生から陸上部に入り、群馬県立桐生高等学校を経て早稲田大学教育学部へ。在学中は競走部に在籍して箱根駅伝出走を目指したが、座骨神経痛のため断念。卒業後は群馬県庁職員となり1997年に山田昇記念杯登山競争大会でトレイルランニングと出会

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品