365日で味わう美しい季語の花 イラストで彩る1日1語

金子兜太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416811245
ISBN 10 : 4416811241
フォーマット
出版社
発行年月
2011年03月
日本
追加情報
:
19cm,399p

内容詳細

芽生え、生長し、花開いて実り、枯れて散る。季節によって、様々に姿を変える植物の“季節”。本書では、1日1季語を紹介し、その植物を描いたイラストを添えて、その季語を詠んだ俳句とともに紹介する。

【著者紹介】
金子兜太 : 1919年、埼玉県生まれ。俳人、加藤楸邨に師事する。東京大学経済学部卒業後、日本銀行に勤務しながら、前衛俳句の旗手として戦後の俳壇を牽引。第一句集『少年』で現代俳句協会賞を受賞。その他、詩歌文学館賞、蛇笏賞、日本芸術院賞、毎日芸術賞、紫綬褒章などを受章、文化功労者に選出される。現在、俳句結社「海程」主宰、日本芸術院会員、現代俳句協会名誉会長、朝日俳壇選者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あや さん

    イラストがついていて例句もついていてわかりやすくて親切な本です。

  • belle さん

    散歩の途中で美しい花にしばしば出会う。でも名前が思い出せずにちょっと寂しい気もちになったりしていた。そんな折り古書市でこの本を。4月1日菜の花から始まり3月31日君子蘭で締めくくられる花のカレンダーは、日常でも見られる植物が多くて楽しい。また7月16日駒草に遠い高山を思い出したり。駆け足で1年を巡ってしまった。花は鮮やかなカラーイラスト。さて今日からは1日に1つずつ花と俳句を味わおう。加えてより本格的な歳時記も欲しくなる。本日10月15日は「みせばや」。あなたに見せたい花を探しにお出かけしましょ。

  • まろ さん

    図書館の開架図書を借りる。感想◎

  • paco. さん

    これから生まれる娘の名前の参考になればと思い、手に取りました。同じ単語でも"花"とついたら、また違う季語になったり俳句の世界の奥深さを感じました。

  • しょうたろうさん さん

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

金子兜太

1919年埼玉県比企郡小川町生まれ。1943年東京大学経済学部を繰り上げ卒業後、日本銀行入行。海軍経理学校に入学し、主計中尉としてトラック島に赴任。復員後日本銀行に復職。1956年第一句集「少年」により現代俳句協会賞受賞。1962年「海程」創刊。1987年より朝日俳壇選者。紫綬褒章(1988年)、日

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品