かなり気がかりな日本語 集英社新書

野口恵子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202274
ISBN 10 : 4087202275
フォーマット
出版社
発行年月
2004年01月
日本
追加情報
:
18cm,205p

内容詳細

若者コトバや、はやり言葉、過剰なまでの敬意表現、そして空虚なコミュニケーション。身近な「いまどき」の日本語を徹底的に観察。日本語力を高めるためのトレーニング方法を提案する。

【著者紹介】
野口恵子 : 1952年生まれ。日本語・フランス語教師。青山学院大学文学部フランス文学科卒業後、パリ第八大学に留学。放送大学「人間の探究」専攻卒、東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。フランス語通訳ガイドをへて、90年より大学非常勤講師。文教大学、東京富士大学、東京農工大学で教鞭をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ころちゃん さん

    無表情とか、他人と目を合わせないとか、海外行ったら変なやつと思われてしまうんだな。

  • せぴあ さん

    最後の「豊かな日本語力をつけるためのセルフトレーニング」に「観察する力、聞く力、気づくちからをつける」とあるが、大事だなとわたしも感じる。周りの日本語によく注意し、気づけるようになりたい。また、音読の大切さが書かれていたが、時々は新聞を音読してみようかと思った。

  • 寶達ベミュ さん

    再読。スーパーやコンビニエンスストアなど、社会のあらゆる領域で、会話せずとも要件をこなせてしまう社会の無言化が日本語の変質をもたらしているとの著者の問題意識に改めて肯く。しかしながらも、これほど高度に発達した戦後日本の消費社会の中で、著者の経験したフランスのスーパーのように、店員と世間話をしながら買い物をするというあり方は、資本、消費者双方から求められるような気がしない。恐らく本書で著者の求めるコミュニケーションの復活を切に望むなら、消費者の意識に於ける革命的な変化が必要であろう。

  • 朝倉光 さん

    敬語など具体的な日本語文の構造の部分はなるほどと思わせられるところが多かった。が、一章二章と苛々させられるところも多かった。正しい文、というのにとらわれすぎだ。ユーモアもあるけど、それ以上に皮肉や嫌みがきつい。

  • aki さん

    ひとつひとつの事例を考えたいくらい関心どまんなか。正しくて美しい日本語ってなんだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

野口恵子

1952年愛知県生まれ、東京育ち。日本語・フランス語教師。青山学院大学文学部フランス文学科卒業後、パリ第八大学に留学。放送大学「人間の探究」専攻卒、東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。フランス語通訳ガイドを経て、’90年より大学非常勤講師。文教大学、東京富士大学、国立看

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品