信長の忍び 21 ヤングアニマルコミックス

重野なおき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592161783
ISBN 10 : 4592161785
フォーマット
出版社
発売日
2024年02月29日
日本
追加情報
:
130p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • alleine05 さん

    第二次天正伊賀の乱決着。藤林長門守は独特な立ち位置の人物だったな。そしていよいよ光秀の本能寺ゲージがヤバい。いつもヤバそうな目つきをしていて見ていて痛々しくなる。多少の誤解やすれ違いもあるとはいえ、光秀がこんなふうに追い込まれてしまう信長の言動もたしかに問題あるよなあと納得できるのが困る。このころは天下を目前にしてて視野が狭くなってたのかね……と思ったが、若い頃から独断専行な気質だったからやはりもともとの本人の性格が反発をくらいやすいものだったということか。

  • 金目 さん

    第2次天正伊賀の乱決着。正直、この戦いで千鳥が死ぬか離反して、本能寺の変になると思ってたので、予想が外れた。生き残ってあとは隠居かと思いきや、今度は光秀の元へ。本当にとことん歴史の生き証人になるのだろうか。光秀のカウントダウンが本当に怖い

  • みやしん さん

    フィクションと史実の混ぜ合わせが絶妙。屍山血河な戦国絵巻の一つの大きな通過点は近い。終盤長宗我部家が出てきたが、本能寺の変が遠因で運命が大きく動く事を知っていると、色々感慨深い。もう出番はなさそうだけど。

  • S‐tora さん

    ◎ 終わりが近い。 信長、光秀、千鳥が少しずつすれ違っていく感じが切ない。

  • YS-56 さん

    勝利の先に見えるものは。勝つほど苦しくなるのはどうしてなんでしょうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

重野なおき

『信長の忍び』(白泉社・2016年よりTVアニメ化)をはじめとする4コマ界のトップランナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品