それいけズッコケ三人組 ポプラ社文庫

那須正幹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591010136
ISBN 10 : 4591010139
フォーマット
出版社
発行年月
1983年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,202p

内容詳細

花山第二小学校6年のズッコケ三人組は、今日も男たる証明と栄光を求めて、青空の下にかけだしていく…。男の栄光を求めて生きた、3人の少年の汗と涙の感動のドラマ。〈受賞情報〉日本児童文学者協会賞特別賞(第45回)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    中々それぞれ個性的なキャラだなと思った。小学校の時に夢中になってよんだのを思い出した。

  • へくとぱすかる さん

    オリジナルの「こども文学館」版で読了。1978年初版で、1985年発行の第42刷。何と50冊も続いた名作シリーズの第1冊目だけど、あっさりとした短編集でした。この前読んだのは、いったいいつのことだったのだろう……。今となってはひたすら懐かしい子ども世界。21世紀の子どもなら、かなりレトロな作品に感じるかも。ページ数が文庫とちがうので、182ページに更正します。

  • Mumiu さん

    「この物語こそは、男の栄光を求めて生きた、三人の少年の、汗と涙と感動のドラマなのだ。」中年シリーズからこっちにきました。リアルで連載中にお目にかかるところだったらしい(当時は「科学」を買っていたので、こちらは知りませんでした)と思うと感慨深い。きっと小生意気に男子ってバカすぎ!とか思ったに違いない。

  • よこしま さん

    小学生の時、読書感想文の課題のために見つけた本です。私の読書の原点となるモノであります。

  • 穴子 さん

    小学生の頃にドラマを見ていました。10年ぶりだったのですごく懐かしかったです。シリーズ1作目は短編集です。中には覚えている話もあり当時を思い出すことができました。全巻読んだことはないのでこれから刊行順に読んでいきたいと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

那須正幹

広島県生まれ。児童書の大ベストセラー「ズッコケ三人組」シリーズ全50巻(日本児童文学者協会賞特別賞/ポプラ社)をはじめ、200冊以上の本を執筆。主な作品に『絵で読む広島の原爆』(産経児童出版文化賞/福音館書店)『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』(野間児童文芸賞/ポプラ社)など。JXT

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品