タルト・タタンの夢 創元推理文庫

近藤史恵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488427047
ISBN 10 : 4488427049
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
253p;15

内容詳細

ようこそビストロ・パ・マルへ!
絶品料理と極上の謎解きをご用意しております。
  

商店街の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟の料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな彼が、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。常連の西田さんが体調を崩したわけは? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか? 絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ! 解説=三橋暁

目次
「タルト・タタンの夢」
「ロニョン・ド・ヴォーの決意」
「ガレット・デ・ロワの秘密」
「オッソ・イラティをめぐる不和」
「理不尽な酔っぱらい」
「ぬけがらのカスレ」
「割り切れないチョコレート」


近藤史恵(コンドウフミエ )
1969年大阪市生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒。93年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。人間心理の機微を描く筆力には定評がある。著書に『ねむりねずみ』『ガーデン』『モップの魔女は呪文を知っている』『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』など多数。2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞。

【著者紹介】
近藤史恵 : 1969年大阪市生まれ。大阪芸術大学文藝科卒業。1993年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。2008年に『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」を舞台とした、お洒落で小粋な謎解き。普段は無口なシェフ三舟が、料理と謎解きに腕を振るう。短編7編、どれも水準以上の面白さです。三舟シェフと同じく腕を振るう志村さん、ソムリエの金子さん、ギャルソンの高築くんの四人でお店を廻す。謎解きといい、料理といい、心がこもっていて暖かだ。読後感も暖かい。安心して人に薦められる短編集です。近藤さんのフランス料理の知識に感嘆する。近藤さんの作品はこれまで「サクリファイス」のシリーズを中心に読んでいた。これを機会に他作も読みます。

  • ハイランド さん

    すらすらと読める本でした。小さなフランス料理店を舞台とした、殺人も警察沙汰も起こらない「日常系」ミステリー。無愛想なシェフが料理に込められた人情の機微を解き明かしていく。おしゃれだし読みやすい。語り手のギャルソンが黒子に徹しているのも読みやすい理由だろう。残念なのは自分がフランス料理の知識をほとんど持ち合わせていないこと。料理の名前で実物も味も想像できないから、この本の面白さを半分も理解できていないのではという怖れが……。でも十分面白かった。焼き鳥で生ビール派でもたまにはフランス料理を食べたくなる小説w。

  • 再び読書 さん

    食に関するライトな謎解き、よく出てくるヴァン・ショーは是非飲みたいと思います。残念ながらフレンチには疎い自分としては、ビストロの位置づけが良く分からない。ただ、気取らない小料理屋みたいな雰囲気でしょううか?パ・マルが意味する「悪くない」という店名もなかなかセンスを感じる。美味しくつくるだけが能ではない、レバーの血抜きは料理人の常識だと思われるが、それをシェフが見抜く奥深さが凄い。最後のチョコレートのエピソード、親が子供に自分の分を取らずに与えるために、必ず割りきれない素数のセットをつくる。親子の思いに感動

  • たかしくん さん

    まあ、無理にミステリーとは言わず、美味しんぼのフレンチ版のような小品集かと思います。肩の凝らない、飾らない料理と同様、お話の内容も不思議なくらい癒しを貰えるものばかりでした。印象に残った作品は、ラストの「割り切れないチョコレート」。チョコレート屋さんの屋号が「ノンブルプルミエ」⇒フランス語で素数の意⇒「割り切れない」⇒(成程!と目頭が熱くなる私)、なあんて自然になりますよ。 そして、ほぼ毎回登場する、「ヴァンショー」こと、ワインのお湯割り。是非、飲んでみたいです!

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    シャトー・ラトゥールなんて高級品じゃなくていい、手頃なサンテミリオンあたりのボトルを1本開けながらカウンターで煮込み料理をじっくり味わってみたいですね! そうそう、話の接ぎ穂に身近に起きた不思議な事件があると最高なんですけどね(笑) 北森鴻さんの「ビアバー香菜里屋」と近藤さんの「ビストロ・パ・マル」皆さんのお好みはどちら? (^_^)V

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品