子どもたちは夜と遊ぶ 上 講談社文庫

辻村深月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062760492
ISBN 10 : 4062760495
フォーマット
出版社
発行年月
2008年05月
日本
追加情報
:
15cm,500p

商品説明

始まりは、海外留学をかけた論文コンクール。幻の学生、『i』の登場だった。
「僕たちが再び会うために。さあ、ゲームを始めよう」
辻村ワールドより、切ないミステリーを

「辻村深月は、どうしてこんなにも僕たちのことを知っているのだろう。」――<幾原邦彦「解説」より>

大学受験間近の高校3年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番――」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。

内容詳細

大学受験間近の高校三年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番―」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。

【著者紹介】
辻村深月 : 1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒。『冷たい校舎の時は止まる』(講談社文庫)で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。エンターテインメント界に現れた期待の新人として注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 青葉麒麟 さん

    表紙が可愛い。月子?月子の周りから庇護されてるお姫様気質は好きじゃ無いけれど、紫乃との関係は屈折してるなぁ。ちょっぴり同情。iの淡々と殺人をする場面がゾッとするけど、嫌いじゃない(^_^;)浅葱の精神は何処まで保つかな?

  • yoshida さん

    辻村深月さんの作品の中でもミステリー色が強い。大学生の木村浅葱は双子の兄の木村藍がいる。母親から虐待を受けていた浅葱を救うため、藍はある行動にでる。結果として浅葱と藍は離ればなれになる。浅葱は施設に引き取られ、手酷い仕打ちを受ける。苦界から脱出するため浅葱は命懸けて勉学に励み、大学に進学。浅葱は留学をかけた論文で次点となる。最優秀賞を受賞したのはiと名乗る謎の学生。それは浅葱と藍の邂逅だった。浅葱の窮地を救う藍。二人は再び会う為にゲームを開始する。それにより犠牲者が出る。予想のつかない展開に引き込まれる。

  • にいにい さん

    虐待・いじめ、残酷で不気味な過去によって、iとθの殺人ゲームが始まる。多くの死が。蜂の話といい、多重人格が絡むのだろうな。iは、孝太、月子、浅葱いずれの別人格なのか?θの先に闇以外があるのか?「メジャースプーン」の秋先生がいつ、どう「力」を使う?細かい心理描写に個性的で魅力ある登場人物。誰しもが抱える鬱屈としたものの表現の巧みさかつ切なさ。なかなか掴めない全容に先へ先へと読む手が早まる。一気に読ませる辻村さんは流石。キーは月子かな。紫乃との関係など不明な所が多い。θの迷いもポイント。さ、下巻だ。

  • とも さん

    んんぅ、面白い。唸るね。辻村さんの著書は今後全部読んでいこうと改めて思う。 まだどういう結末に辿り着くかは分からへんけど、「i」と「θ」の抱える暗い過去と犯す殺人にに引き込まれ、胸苦しくも、絡め取られる様に上巻読了。 その他の登場人物にもまだまだ何か闇と謎が隠されてそう。 さぁさぁ、下巻へ。

  • kishikan さん

    辻村さんの作品もなんだかんだで14作目になった。振り返ると、つまらなかったと思うものがない。それに毎回毎回懐の深さというか、引き出しの多さというか、アイデァの多様さに感心する。若者特有の、微妙な心の揺れ、それに加えどこか残虐な心理と、その一方にあるひ弱さと人恋しさの感情を繊細なタッチで表現する上手さに、500ページの本もあっという間。ミステリとサスペンスを交えたゲーム感覚の殺人事件。その謎も知りたいけど、次の犠牲者は誰?犯人iの正体は? 一刻も早く下巻を読まねばと、またも辻村さんの仕掛けにはまってしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辻村深月

1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

辻村深月に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド