ぼくのメジャースプーン 講談社文庫

辻村深月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062763301
ISBN 10 : 4062763303
フォーマット
出版社
発行年月
2009年04月
日本
追加情報
:
15cm,514p

商品説明

「書き終えるまで決めていたのはただ一つ、<逃げない>ということ。――私の自信作です」――辻村深月

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった――。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に1度だけ。これはぼくの闘いだ。

内容詳細

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった―。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に一度だけ。これはぼくの闘いだ。

【著者紹介】
辻村深月 : 1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒。『冷たい校舎の時は止まる』(講談社文庫)で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。エンターテインメント界に現れた期待の新人として注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 風眠 さん

    不思議な能力をもった10歳のぼくと、愉快犯に兎を殺されPTSDになってしまったふみちゃん、そして犯人に与える罰についてアドバイスする秋山教授をめぐる物語。ファンタジーの要素がふわっと漂う雰囲気ではあるが、扱われているテーマは現代の罪と罰について。ぼくが出した答えと犯人がどうなったかについては、明らかにされていない。自分で反省するはずのない犯人にどんな償いをさせるのがいいのか、どうしたら納得できるのか、ぼくと秋山の禅問答のようなやりとりが続く。予定調和なハッピーエンドだけじゃない、ジュブナイル風サスペンス。

  • yoshida さん

    小学4年生のぼくと幼なじみのふみちゃん。突然、学校で起きた陰惨な事件。最初に事件を発見したふみちゃんは心を閉ざす。犯人の刑罰は軽く、何より反省もしていない。ぼくはふみちゃんの為に、二度と使わないと決めていたある力を使う事を決める。ぼくは、同じ力を持つ親族の秋山先生のもとに通い犯人にどう力を使うか考える。純粋なぼくとふみちゃん。そして犯人へ力を使ったぼくの覚悟と、秘められた想いに心を打たれた。エピローグで秋山先生がふみちゃんに使う力の優しさ。辻村深月さんの他作品とのリンクも発見した充実の内容。一気読みです。

  • にいにい さん

    愛って、誰かを大切に思う「自分」の自己満足でしかないのか?誰かを愛する「自分」、誰かのために尽くす「自分」が最も大事。感情・思考は、「自分」抜きにはあり得ないけど。「人はそれでも愛と呼ぶ」、「自分」を満足させるために自己犠牲も厭わない。それは、矛盾しているようでも、尊く、美しく感じられる。何が正解なんてものはないのかもしれない。けれど、「自分」に素直に進めばいいのかな。「ふみちゃん」凄すぎる。その「ふみちゃん」を尊敬できる「ぼく」も凄い。「力」でなくても、心からの言葉は、人に響くことを教えてくれる物語。

  • ちぃ〜 さん

    わたし、こんなのに弱いんだ〜、泣けて、泣けて、困っちゃう。゚゚(PД`q゚*)゚。 「ぼく」が小さい心を痛め、悩む様。誰かを大切に想い、誰かのために尽くす様子。愛って何か、自己犠牲って何の為に?命や復讐についても考えさせられる作品だった。なんか、いろいろ、素敵で、尊く、優しい感じが多かった。こんな素直さ、、、、、。「ふみちゃん」も素敵だった。二人の今後が楽しみなお話。秋先生は、他の作品でも活躍しているみたいだから探さなくては。人に響くように、心からの言葉を持ちたいな。わたしも(*˘︶˘*)。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    また一人増えた、追っかけたい作家さん! V(^_^)  残虐で理不尽な事件によって心を閉ざしたふみちゃん、彼女の心を取り戻すため秘めた力を使うことを決意した「ぼく」は・・・ 不思議な力って好き、小学校4年生とは思えない「ぼく」の冷静さも好き(笑)! そして秋先生の優しく丁寧な語り口も好きですねぇ。 最後は切なくて泣きそう、よかった!! 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辻村深月

1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

辻村深月に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド