寝台急行「銀河」殺人事件 十津川警部クラシックス 文春文庫

西村京太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167908645
ISBN 10 : 4167908646
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
追加情報
:
304p;16

内容詳細

東京‐大阪間を9時間強で結ぶ寝台急行銀河。そのA寝台で女性の他殺体が見つかった。容疑をかけられたのは、乗り合わせたサラリーマン、井崎。十津川警部の旧友にして、被害者の愛人だった―。潔白を主張する井崎を、十津川は救えるか?今はなき寝台急行を舞台にした傑作が30年の時を経て新装版で登場!

【著者紹介】
西村京太郎 : 昭和5(1930)年、東京生まれ。陸軍幼年学校で終戦を迎えた。都立高校卒業後、人事院に十年余勤務。作家をめざし多くの職業をへて、38年「歪んだ朝」で第2回オール讀物推理小説新人賞を受賞。その後40年に「天使の傷痕」で第11回江戸川乱歩賞、56年「終着駅殺人事件」により第34回日本推理作家協会賞(長編部門)、平成16年に第8回日本ミステリー文学大賞、22年に長谷川伸賞を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろこ さん

    2時間ドラマでしか見たことがなかった十津川警部シリーズ、なかなか楽しめた。今はなき寝台急行が舞台というだけでなんだかわくわくする。少し偶然が過ぎたかなとも思ったけれど警部と部下のカメさんとの息のあった掛け合いもいい。

  • エヌ氏の部屋でノックの音が・・・ さん

     2017年 6月10日 初版 文藝の新装版であった。

  • 本命@ふまにたす さん

    かつて書かれた寝台急行銀河を舞台とした、十津川警部作品の新装版。西村作品の魅力以上に、寝台急行という舞台装置含め「昭和」という時代を強く感じさせる作品になっている気がした。

  • MAS さん

    寝台急行の需要が当時のビジネスマンには多くあったのが良く分かった。しかし今回の十津川警部は何度壁にぶち当たった事か⁉︎学生時代の友人が容疑者になってしまいなんとか助けてやりたい思いとは逆に容疑の条件が揃い過ぎて苦戦。寝台列車の殺人は密室殺人となる事が多いのでミステリの定番として大好物!

  • そうぺい さん

    初読。たまたま、列車ものとゆうところにひかれて、購読。西村さんの小説は多分ほとんど読んだことがない。なので、なるほどこんな感じなのかと読了。トリックや動機は、う〜んそんなものかなあwと。オーソドックスな刑事が、ちょっとスイッチがはいったな、とゆう。ただ、文章は抜群に読みやすく、一晩の友にふさわしい。できれば、もっと列車で活躍してほしかったですね。列車ものの推理小説は、最高だww

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西村京太郎

1930年東京都生まれ。公務員生活ののち、数々の職業を経ながら創作活動を続け、63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2001年湯河原町に「西村京太郎記念館」をオープン。全著作や作家として

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品